ここから本文です

IOCと韓国の「親密過ぎる関係」

WiLL 2014/3/8(土) 17:47配信 (有料記事)

韓国の英雄の論文盗作

 二〇一二年、韓国はあるニュースに揺れていた。
 アジア人初のIOC選手委員であり、セヌリ党公認を受けて国会議員選挙に立候補した文大成氏に対し、野党側から博士論文剽窃疑惑が提起されたのだ。文大成氏は、二〇〇四年アテネオリンピックのテコンドー金メダリストで、韓国の英雄と称される人物だ。
 論文盗作疑惑の一部を認めながらも、国会議員選挙には当選する。しかし、事実が次々と明るみに出るにつれ、ネットユーザーを中心に批判が殺到。その後、国民大学が論文剽窃を認めると、文大成氏もようやくセヌリ党に離党届を提出し、大学も辞職した。
 実は二〇一三年の五月、IOCは元ハンガリー大統領であるパル・シュミットIOC委員の論文剽窃を確認した際、倫理委員会が厳重警告を与えている。ところが同年十二月、トーマス・バッハIOC会長は、文大成氏の論文盗作問題については、なぜか「一時不問」との発表をしたのだ。
 韓国国内の報道が苛烈を極める一方で、日本では大手マスコミによる報道がなかったため、大きな話題にはならなかった。だが、実はこの「文大成氏論文剽窃問題」が辿ってきた経緯にこそ、韓国とIOCとの蜜月ぶりが透けて見えるのだ。
 そもそも韓国ロビー活動の苛烈さは、多くのスポーツジャーナリストが指摘するところだ。たとえば、李明博前大統領は二〇一三年、バッハ氏の前任者であるジャック・ロゲ会長に、体育勲章「青龍章」を授与している。本文:10,640文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

真嶋夏歩

最終更新:2014/3/8(土) 17:47

WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年1月号
10月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 さぁ、トランプだ 覚悟せよ!
トランプは天才奇術師ですな 渡部昇一
【特集】 自沈するセウォル号国家

WiLLの前後の記事