ここから本文です

アメリカの悪意を見抜いた日本国民【西村幸祐】

WiLL 2014/6/10(火) 18:44配信 (有料記事)

日本の米国離れ

 第二次安倍政権発足後の一年五カ月を振り返ると、日米関係の百六十年間の歴史上で、かつてなかった新しい局面に両国が立ち入ったことがよく分かる。奇しくも今年は、嘉永七年(一八五四)にペリーが黒船による砲艦外交で日本を開国させ、日米和親条約が締結されてからちょうど百六十年目にあたる。
 日米関係はこのように、わが国と西洋の関係を象徴するように第一歩が武力による威嚇から始まった。そんな日米関係が、いよいよ新しいフェイズに入ったと思わざるを得ない出来事が立て続けに起きている。
 国賓として来日したオバマ大統領が日本から韓国へ発った四月二十五日、オバマ大統領は米韓首脳会談後の記者会見で慰安婦に言及した。これまで、米国の大統領がこれだけの言葉を慰安婦に費やしたことはなかった。韓国人記者からの質問に答えたものだが、わが国に少なからぬ波紋を投げかけた。
「慰安婦たちに何が起きたのか振り返れば、誰もが恐ろしく酷い人権侵害だと認めなければならない。戦争中とはいえ、彼女たちが冒涜されたことはショッキングだ。彼女たちの話に耳を傾けるべきで、彼女たちは尊重されなければならない。
 また、何が起きたのか正確で明瞭な説明がなされなければならない。安倍首相は、そして、日本の人々もたしかに認識していると思う。過去は、正直に公平に認識されるべきものだ」
 米国の政権トップや要人の一部は、慰安婦問題の本質が何であるかを本当は知っているのではないか。しかし、日本をあくまでもかつて邪悪だった敗戦国のままにしておきたい米国の一部勢力にとって、東京裁判史観を絶えず補強する歴史カードは、実はシナや韓国よりも、むしろ米国に欠かせないものとなっている。そんな事情が慰安婦問題の最後の課題になるのではないか、というのが私の現状認識である。
 とは言え、四月二十五日の記者会見でオバマ大統領は墓穴を掘った。
「何が起きたのか、正確で明瞭な説明がなされなければならない」のならば、オバマ大統領の言うように「過去は正直に公平に認識されるべきもの」である。まさにこれは、五月から安倍政権が取りかかろうとしていた河野談話の検証作業そのものを指しているのではないか。本文:17,486文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

西村幸祐

最終更新:2014/6/10(火) 18:44

WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年1月号
10月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 さぁ、トランプだ 覚悟せよ!
トランプは天才奇術師ですな 渡部昇一
【特集】 自沈するセウォル号国家