ここから本文です

ニューヨーク・タイムズ 「安倍叩き」の元凶

WiLL 2014/6/25(水) 17:04配信 (有料記事)

「日本」「安倍」は危険

「安倍晋三首相のナショナリズムは日米関係へのさらなる深刻な脅威となっている」(二〇一四年三月二日)
「安倍首相の歴史修正はアジア地域全体への危険な挑発だ」(同)
「安倍首相は日本の憲法の基礎を勝手に変えることに危険なほど接近している」(二〇一四年二月十九日)
「日本の危険なナショナリズム」(二〇一三年十二月二十七日)
「日本の危険なアナクロニズム(時代錯誤)」(二〇一三年十二月十八日)

 以上はアメリカの大手新聞、ニューヨーク・タイムズが最近のほんの三カ月足らずの期間に、社説で打ち出した主張である。とにかく、安倍首相やいまの日本は「危険」だというのである。
 アメリカにとっての主要同盟国の日本がアメリカと共有する民主主義や法の支配という価値観に基づいて選んだ政治リーダーを、矢継ぎ早に「危険」「脅威」「挑発」というプロパガンダ的用語で貶すのだ。
 その論調には、日本が戦後七十年にわたり保ってきた堅固な民主主義、公正な法治、軍事を忌避する消極的平和主義、そして徹底した国際協調や人道主義の実績への配慮はツユほどもない。安倍首相が民主主義や人権尊重の信奉者だという明白な事実への認知もない。その意味では、極端に偏向した事実認識に基づく糾弾である。
 ニューヨーク・タイムズは社説以外でも、安倍首相あるいは安倍政権、ひいては安倍政権下の日本全体の動向をきわめて否定的に、ときには誹謗に近い言葉まで使って報道することが多い。
 しかし本稿では、同紙全体のスタンスを代表する社説に焦点を絞ってその「安倍叩き」、「日本叩き」の内容や背景を報告したい。「叩き」という短絡にも響く表現をあえて使うのは、同紙側の日本国やその政府に対する非難に独断と偏見を露わにする情緒的な傾向が強いからである。
 本稿では同紙のそうした論調の背景として、日本国のあり方を一貫して非難してきた日本人学者が、実はそれら社説での反日論評の責を委ねられていた、というショッキングな事実をも明らかにしたい。アメリカ大手紙の「日本叩き」「安倍叩き」は実は日本発、日本製だったという意外な側面の実態である。本文:20,686文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)

最終更新:2014/6/25(水) 17:04

WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年1月号
10月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 さぁ、トランプだ 覚悟せよ!
トランプは天才奇術師ですな 渡部昇一
【特集】 自沈するセウォル号国家

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。