ここから本文です

中国は今も昔も「パンツ製造所」

WiLL 2015/10/1(木) 14:11配信 (有料記事)

中国経済、失速の連鎖

私が本誌で「中国経済はいずれ崩壊する」と主張し始めたのは、いまからおよそ五、六年前のことである。そしていま、それは目の前の現実となりつつある。
 今年八月と九月に公表された中国経済関連のさまざまな統計数字を一度に並べてみれば、この国の実体経済が一体どこまで沈没しているかがよく分かる。
 たとえば中国自動車工業協会が八月十一日に公表した数字によると、七月における全国の自動車生産台数は百五十一・八万台で、前年同期比では一一・七六%の減少となり、前月比では何と一七・九九%も減った。僅か一月で自動車の生産台数が約一八%も激減したとは、自動車産業にとってまさに地滑り的な凋落であろう。
 生産台数が激減した最大の理由は当然、販売台数の減少にある。同じ七月の中国全国の自動車販売台数は前年同期比では七・一二%減で、前月比では一六・六四%の減少となった。このような数字はまた、中国全体における個人消費の急速な冷え込みを示している。
 そして今年四月から七月まで、中国の自動車生産台数と販売台数の両方はすでに連続四カ月間、減り続けていたから、消費の激減が生産の激減をもたらすという、典型的な経済失速の連鎖がすでに始まっている。
 消費が減っているのは、何も自動車市場だけではない。八月二十日に米調査会社が発表した今年四~六月期の中国市場スマートフォン販売台数は前年同期比で四%減少、四半期ベースで初めて前年を下回ったという。そして国家工業と情報化部(省)が九月七日に公表した数字によると、中国全国の移動電話(携帯電話)の通話量は、今年七月までに連続七カ月間のマイナス成長となった。
 同じ九月七日の国家統計局の発表では、今年上半期における中国全国のビール消費量は前年同期比で六・一七%減で、この二十年来、初めてのマイナス成長。「世界最大」と言われる中国のビール市場の繁栄もこれで終わるのである。本文:14,023文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

石平(評論家)

最終更新:2015/10/1(木) 14:11

WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年1月号
10月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 さぁ、トランプだ 覚悟せよ!
トランプは天才奇術師ですな 渡部昇一
【特集】 自沈するセウォル号国家