ここから本文です

止まらないチチャリート旋風! 2ヵ月連続でブンデス月間MVPに輝く

Soccer Magazine ZONE web 2015年12月31日(木)11時30分配信

12月のリーグ戦3試合で5ゴール 得点ランクでも4位につける

 レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスが、12月度の月間最優秀選手に選出された。11月度に続き、2ヵ月連続2度目の選出となった。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。
 
 チチャリートは12月のリーグ戦は全3試合で得点し、計5得点を記録。12日のボルシアMG戦ではハットトリックを達成していた。今季はリーグ戦14試合出場で11得点。ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤン(18得点)、バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキ(15得点)、トーマス・ミュラー(14得点)に続く得点ランキング4位につけている。UEFAチャンピオンズリーグとDFBポカールを含めれば、22試合19得点を挙げている。
 
 マンチェスター・ユナイテッドで出番が少なく、昨季1年間期限付き移籍で加入したレアルでも短い出場時間の中、シーズン33試合で9得点を挙げた。しかし、レギュラーポジションを望んだ小柄なストライカーはレバークーゼンへの完全移籍を決断。前所属のユナイテッドが得点力不足に悩んでいる現状を受け、放出は誤りだったという声が多く聞かれ始めている。メキシコの英雄は今、水を得た魚のようにドイツで極上の輝きを放っている。

英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:2015年12月31日(木)11時30分

Soccer Magazine ZONE web