ここから本文です

ゴール欠乏症のマンUファン・ハールがついに認めた 「チチャリート放出は間違いだった」

Soccer Magazine ZONE web 1月2日(土)12時14分配信

英紙報道 ユナイテッド攻撃陣は深刻なゴール欠乏症

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が今季開幕時にレバークーゼンに放出したメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの放出を「失敗」とついに認めた。英地元紙「サン」が報じている。

 チチャリートの愛称を持つエルナンデスはファン・ハール監督体制では出番がなく、「1パーセントしか出場機会はない」と指揮官から非情通告を受けた。だが、今夏にレバークーゼンへの移籍後、レギュラーとして大活躍。公式戦22試合19得点というゴールラッシュを披露している一方で、ユナイテッドの公式戦は得点力不足に悩まされており、FWウェイン・ルーニー(7得点)、アンソニー・マルシアル(8得点)、メンフィス・デパイ(5得点)というFW陣3選手を合わせたものとほぼ同数となっている。

 今季得点力不足に悩まされていることもあり、チチャリート放出を失策と批判する声が大きくなっていた。そして、「チチャリート放出は間違いだったの?」との報道陣からの質問に、ファン・ハール監督は「多分君が正しいだろうね。しかし、前もって知ることは不可能だ」と回答。結果論を強調しながらも、自身の失敗だったことをついに認めた。

英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

リストラ対象がブンデス19得点「私はいつもこうした決断をしてきた」

 開幕前にはチチャリートだけでなく、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、ラダメル・ファルカオ(チェルシー)など多くのストライカー陣を放出。2年間で460億円補強の裏側で、25選手をリストラしているが、その理由については「彼らみんなハッピーではなかった。彼らは出て行くことを望んだ。エルナンデスもその例だ。彼はプレーを望んでいた」と語った。

「放出は間違いだったのかもしれない。しかし、私は監督人生ではいつもこうした決断をしてきた。今いる選手たちも信頼している」

 公式戦8戦勝ちなしという苦境に立つユナイテッド。大黒柱ルーニーの不調に加え、神童マルシアルも停滞気味で、チチャリートは皮肉にもゴールラッシュを続けている。オランダ人指揮官の苦悩はまだまだ続きそうだ。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:1月2日(土)12時14分

Soccer Magazine ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。