ここから本文です

日本代表新ユニ、再び試合中に破れる。耐久性の低さが弱点に?

フットボールチャンネル 1月22日(金)23時0分配信

 AFC U-23選手権の準々決勝が22日に行われ、日本代表は強豪イラン代表と対戦した。

5つの戦いで振り返る日本対イラン激闘史

 この試合の序盤、ライン際でイランの選手と競り合った日本のDF亀川諒史のユニフォームが背中から大きく裂けるハプニングが起きた。

 日本代表の新しいユニフォームがお披露目された昨年11月のW杯予選シンガポール代表戦では、相手選手に後ろから引き倒された清武弘嗣にも同様のトラブルが起きて大きな話題となった。

 今回再び試合中の接触プレーで破れたことにより、改めて新ユニフォームの耐久性の低さが露呈してしまった。最新技術を導入して着用者の快適さを追求するあまり、薄さや軽さが裏目に出てしまった形だが、こういったことが続けばピッチ上の選手達が試合に集中しにくくなってしまうかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1月22日(金)23時0分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。