ここから本文です

チェルシー、G大阪のU-18代表MF堂安を獲得か? 武藤に続き日本人選手に関心

フットボールチャンネル 1月28日(木)20時26分配信

 イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーが、再び日本人選手に興味を示しているようだ。英紙『デイリー・テレグラフ』が報じている。

G大阪MF堂安、英紙が選ぶ“98年生まれの将来有望な50人”に選出「新たな時代の象徴」

 同紙によれば、チェルシーはガンバ大阪に所属する17歳のU-18日本代表MF堂安律の獲得を狙っていると伝えている。

 G大阪のユース出身の堂安は、U-13から各年代の日本代表に選出されており、昨年6月には16歳でJリーグデビューを果たしている。

 記事では、「17歳の堂安は中盤のセンターまたは右サイドの両方でプレーできる。10代の選手にもかかわらず、すでにJ1でデビューしており、次世代のアジア人スターとされている」と紹介されている。

 また、チェルシーは数日以内に獲得へと乗り出し、そのままG大阪に期限付き移籍させる考えだと言う。

 堂安は、イギリスの大手新聞社『ガーディアン』が選ぶ「1998年生まれの将来有望な50人の選手」の特集にも選ばれており、イングランド国内でも高く評価されている。

 チェルシーといえば、昨年FC東京に所属していた武藤嘉紀(現・マインツ)に獲得オファーを出したことで話題にもなった。

 再び日本人選手の獲得に乗り出したチェルシーだが、初の日本人選手獲得となるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1月29日(金)12時39分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。