ここから本文です

本田は「ミラン復活の象徴」。伊各紙がパレルモ戦MVPに選出し大絶賛

フットボールチャンネル 2月4日(木)19時11分配信

 イタリア・セリエA第23節が現地時間3日に行われ、ミランはパレルモに2-0で勝利を収めた。本田圭佑は3試合ぶりの先発フル出場を果たし、イタリア各紙からこの試合のMVPに値する評価を受けている。

本田、ミラノダービーでMVP! 各国メディアが絶賛「とどまることをしらない」

 ミラン専門メディア『ミランニュース』は「ミラン、本田が復活のシンボルに」と題した記事を掲載し、「日本人はミランにバランスを与えた。その能力でシニシャ・ミハイロビッチ監督が採用する4-4-2のキーマンになっている」と最近のパフォーマンスを絶賛している。

 また大手『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙は本田にチーム内最高評価の「7」を与え、パレルモ戦のMVPとして「すぐに主役となった。CKで直接ゴールを狙い、シュートを放ち、バッカへのアシストを狙うアバーテの活路を作り出した。その道の先には勝ち点3があった。メイド・イン・ジャパン」と称賛した。

『コリエレ・デッラ・セーラ』紙も同様にMVPとなる「7」を本田に与え「素早く相手を抜くなど、本人ができないと言っていたプレーも。ミハイロビッチ監督の信頼は正しかった」と、意外性も見せた姿を極めて高く評価している。

 他メディアもアシストやゴールのなかった本田に軒並み高評価を与えている。後半戦に入ってから自らの居場所を取り戻した10番の評価はミラノダービーでの活躍も相まってウナギのぼりだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2月4日(木)22時32分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]