ここから本文です

タニマチが証言「清原和博が私に送ったシャブメール」の中身

女性自身 2月10日(水)6時0分配信

「私は20年近くキヨとつき合ってきました。でも、私が覚醒剤を断ち切るには、すべてを明らかにして、キヨとの関係を完全に断たないとダメだと考えています。本当は話したくはないのですが……」

 本誌の取材依頼に対し、冒頭のように応えたのは、競馬の予想会社や出版社を経営していた実業家の山田大輔氏(仮名)だ。山田氏は清原和博容疑者(48)のタニマチとして知られていた。過去に何度も清原とともにマスコミに取り上げられ、「清原の側にこの男あり」と言われた人物である。2015年2月、山田氏は覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、現在は上告中の身だ。山田氏と清原の出会いは1997年2月にさかのぼる。

「キヨが巨人に入団した直後、ある社長の紹介で、宮崎キャンプに招待してもらいました。そこでゴルフに行ったときにキヨと同じ組で回ったのが出会いです。以来、月に一度はお茶をしたり、飲みに行くような間柄になった」

 清原も山田氏も当時はまだ20代。西武から巨人に移籍し、球界を背負って立つ清原と、若き実業家として成功した山田氏はすぐに意気投合。その2人の間に薬物が入り込むことになるのは17年前のことだ。

「1999年に銀座のクラブ『S』で、キヨと私と元巨人選手の3人で飲んでいるとき、キヨが『ダイちゃん、胃薬』と言って私に錠剤を渡してきました。『何これ?胃薬じゃないでしょ』と聞くと、キヨが『いいから飲んで』と言う。仕方ないから私が飲むと、キヨがゲラゲラ笑いました。その錠剤はドラッグのMDMAでした。その後も、キヨがMDMAを飲むのを何度も見ています」

 じつは山田氏は2001年にコカインを所持していたとして逮捕されている。その逮捕は清原を守るためだったという。2001年11月におこなわれたゴルフコンペの後のことだった。

「コンペ終了後に、キヨが私をトイレに呼び、封筒を渡してきました。中を見るとコカインが入っていた。キヨは『ダイちゃん、ごめん。今日これから大阪に行かなきゃいけないから、悪いけど1日だけ持っていてくれないか』と言って私に託しました。10グラムものコカインです。じつは以前、知人から『キヨが大量のコカインを持っていて、いよいよ持っていかれ(逮捕され)そうだ』と連絡を受けていました。私はキヨを守ろうと思った。ブツが出れば、警察は(キヨに対しての)捜査を打ち切ると考えました。よってコカインを自分のものということにして、逮捕されることにしました」

 警視庁元捜査員は、「清原が海外でまず覚えたのはコカイン。その後、大麻にも手を出すようになったと聞いている。この情報をもとに清原に張りついたこともあったが、証拠をあげられなかった」と証言する。逮捕された山田氏は、翌2002年2月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた。だが、清原が、本格的に覚醒剤に手を染めていくのはまさにこの直後だったという。

「キヨがシャブを使用していると知ったのはこのころです。キヨが泊まっていたホテルに行ったときに、『これもあるよ』と言われて、シャブを見せられたのが最初です。それ以降、定期的に使っていました」

 山田氏によると、清原が覚醒剤を使用するのはおもにシーズンオフ。二軍に落ちたときや怪我で戦線離脱したときは、シーズン中でも使用していたという。彼は巨人時代も長く覚醒剤を使っていたことになる。巨人を戦力外通告される2005年、清原は毎日のように覚醒剤に溺れていたという。

「毎日大量にシャブを使用するから、2人ともヨレヨレになります。キヨが裸のままホテルの部屋を出ていこうとしたのを止めたこともありました。キヨは、ホテルの部屋を真っ暗にして、テレビを流しながらシャブをやっていました。焦点の定まらない、うつろな目をしたキヨが、テレビをぼんやりと眺めている姿をよく覚えています」

 山田氏は本誌に清原からのメールを見せてくれた。

「一緒にご飯を食べようと思ってキヨに連絡したら、ちょうどシャブを打っているところでした。メールで『ガン決まりです』とか『ガツン来ました』なんていうのはまさにシャブが効いている最中。この日は外出できるまでずいぶん時間がかかった記憶があります」

 山田氏は2003年に法人税法違反容疑で逮捕され、2005年9月に刑が確定し収監された。その後、2009年3月まで服役している。一方、清原は2008年に現役を引退。出所直後に一度電話で話をしただけで、清原と山田氏は疎遠になった。2014年8月、清原から山田氏に連絡がくる。同年3月「週刊文春」が清原の薬物疑惑を書いており、妻・亜希さんとは別居していた(9月に離婚発表)。

「キヨから『やってんの?アレ』というメールがきたんです。とっさに、シャブのことを言っているんだと思い、『うん』と答えると、『会おうよ、近々』と返信がありました。これは、キヨが覚醒剤を持ってきてほしいという思いで、メールしてきたのだと思いました」

 覚醒剤を介しての再会だった。

「私とキヨは、2014年8月からその年の年末まで、ほぼ毎日のように一緒にシャブを使いました。シャブは私の20年来の友人が調達してくれたものです」

 薬物疑惑が報じられ、活動の場を失った清原はさらに覚醒剤に溺れてゆくしかなかった--。山田氏はあらためてこう話す。

「逮捕の一報を聞いて驚いましたが、もう時間の問題でした。私はキヨとの関係を断ち、二度と覚醒剤に手を出さない。現在は上告中ですが、有罪が確定し、服役することになるかもしれない。これを機に生まれ変わりたい」

 現在、覚醒剤の入手ルートや、清原が交際していた銀座のクラブホステスの女子大生が捜査の対象になっているという。山田氏との交際について、清原和博および清原亜希さんの所属事務所に問い合わせたが、締切りまでに回答がなかった。

(FLASH 2016年2月23日号)

最終更新:2月10日(水)6時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2728号・5月24日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分
舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」
舛添要一謝罪中 妻は4650円セレブランチ

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。