ここから本文です

『パズドラ』失速&『モンスト』絶好調!! 大手が参入してきたスマホゲー市場、ガンホーの時代はもう終わり!?

おたぽる 2月12日(金)16時0分配信

 2月に入り、各社が連結業績を発表。そこで大幅に売上を伸ばしたところもあれば、下げてしまったところもある、スマートフォン向けゲームを提供しているゲーム会社の連結業績を、ざっと紹介していきたい。

■コナミホールディングス(%表示は対前年同四半期増減率)
期間:平成27年4月1日~平成27年12月31日
売上高:1,792億5,100万円(15.0%↑)
営業利益:174億2,300万円(62.3%↑)
税引前利益:171億4200万円(33.6%↑)
四半期利益:62億7,500万円(19.5%↓)
親会社の所有者に帰属する四半期利益:62億6,200万円(19.1%↓)

 配信開始より1年が経過した『実況パワフルプロ野球』が1,900万DL達成。また、15年10月に配信となった本格プロ野球ゲーム『プロ野球スピリッツA(エース)』も好調に推移。さらに、『ワールドサッカーコレクション』『クローズ×WORST』『プロ野球ドリームナイン』といったタイトルも、ユーザーの支持を集めた。グローバル市場向けタイトル『Star Wars:Force Collection』や、各国でベストゲーム賞を受賞した『ウイニングイレブン クラブマネージャー』も安定。今のところ数字に影響は感じられないが、小島秀夫監督の退社は今後どんな形で影響を及ぼすのか否か、気になるところ。

■スクウェア・エニックス・ホールディングス(%表示は対前年同四半期増減率)
期間:平成27年4月1日~平成27年12月31日
売上高:1,527億6,000万円(28.5%↑)
営業利益:237億7,800万円(60.5%↑)
経常利益:241億9,800万円(46.3%↑)
親株主に帰属する四半期純利益:135億3,800万円(24.0%↑)

 こちらも従来のタイトルが好調に推移。また、『メビウス ファイナルファンタジー』『星のドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』など、新規タイトルも好調なスタートを切った。『ドラゴンクエスト』30周年に向け、いいスタートとなったようだ。

■ミクシィ(%表示は対前年同四半期増減率)
期間:平成27年4月1日~平成27年12月31日
売上高:1,502億285万円(120.1%↑)
営業利益:673億500万円(124.9%↑)
経常利益:669億9,900万円(123.5%↑)
純利益:440億3,200万円(130.5%↑)

 ユーザー数が15年5月で、全世界(中国除く)3000万人を突破した『モンスターストライク』(以下、『モンスト』)が未だ絶好調。さらに12月には、同作のニンテンドー3DS版も発売し、業績を大きく伸ばした。なお、15年10~12月期の売上高549億円(うちエンターテインメント事業:512億7,600万円)は、四半期で最高記録を更新。

■ガンホー(%表示は対前期増減率)
期間:平成27年1月1日~平成27年12月31日
売上高:1,543億3,000万円(10.8%↓)
営業利益:724億2500万円(23.2%↓)
経常利益:726億600万円(22.4%↓)
純利益:434億3,200万円(30.0%↓)

『パズル&ドラゴンズ』(以下、『パズドラ』)開始当初より、ゲームの長期的な運営を見据えて、飽きのこないゲーム創りに注力してきたという。その甲斐あってか、サービス開始から約4年が経過し、1月に国内累計4,000万DLを達成。しかし、ガンホーは同作の配信開始以来、初めて減収減益となってしまった。

 以上のとおり、紹介した企業のうちで『パズドラ』のガンホーのみが、すべての数字において前期を下回る結果に。一方、『モンスト』のミクシィはすこぶる好調だ。どちらもスマホゲーの代表ともいえるタイトルだというのに、なぜこうも差がついてしまったのか。

 ガンホーの失速には、世間からも「もう手遅れだろ。誰もやってない」「ゼウス最強時代は面白かったけどな」「『パズドラ』落ち目だし、どうすんだこの会社」「オワドラは次に繋がるアプリを出せなかったのがキツい。その上、スクエニとか大手も参入してきたし、打つ手なし」などの声が上がっている。しかし、ガンホーの社長・森下一喜氏は決算説明会で「減収減益だが、業績は高位で安定している」と強調。減収減益だけど、まだまだ強気な姿勢を見せている。

 ユーザーの課金が多くなりすぎないよう調整し、人気を長持ちしていく戦略をとるという『パズドラ』。3月には14年末に発表していた中国での配信が開始予定となっている。世界最大人口を誇る中国で成功し、再び『パズドラ』天下の時代が訪れるだろうか。

最終更新:2月12日(金)16時0分

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

エイソー・ベンダーが実現する「超人ハルク」
バークレー・バイオニクスのエイソー・ベンダーが、HULCとeLEGSの2つのエクソスケルトンとともに登場します。近い将来、このロボットを人が身に着けることで200ポンドもの重さを軽々と運べたり、車椅子を使う人が立って歩けるようになります。私たち人間の可能性を開花させる力強いデモンストレーションをご覧下さい。[new]