ここから本文です

今年のバレンタインは女性の半数が「あげる予定」、7割の男性が「もらう見込みなし」

@DIME 2月13日(土)19時30分配信

 インターワイヤード株式会社は同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「バレンタイン」に関するアンケート調査を実施。2016年のバレンタインデー(2月14日)は日曜日だが、「当日に渡す」という人が多いことがわかった。また、義理チョコよりも、自分への「マイチョコ」への予算の方が高い、という事も明らかになった。

 調査の結果、2016年のバレンタイン、女性の半数が「あげる予定」と回答。しかし男性の69.2%が「もらう見込みなし」と回答した。また、配偶者・パートナーにあげると答えた女性は82.0%となり、「ばら撒き・配布用チョコ」を用意する人は19.7%、マイチョコを用意する人は26.8%という結果になった。中には、本命と自分にはいいチョコを用意し、3000円以上のチョコを購入すると答えた女性もいた。

 また、日曜日のバレンタイン、本命は当日に、それ以外は会えたタイミングで渡すと答えた人が大多数を占めた。特に、職場では3割が「相手のデスクに置く・配布する」としている。そのほか、「あげたい相手がいない」と答えた人は47.9%となっている。

【調査概要】
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2016年1月8日~1月18日
有効回答数 :DIMSDRIVEモニター 4148人

@DIME編集部

最終更新:2月13日(土)19時30分

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2016年7月号
5月16日発売

定価600円

新アイデア満載の日用品
安くて良いモノ300
激変ビジネスホテル採点表
羽田圭介のマイフェイバリットアイテム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]