ここから本文です

今井絵理子、同級生と母親公認で半同棲中 男性に真相直撃

週刊女性PRIME 2月15日(月)15時0分配信

 

 2月9日、今年の夏に予定されている参院選に比例代表で出馬することを表明したSPEEDの今井絵理子。

 '07年に離婚してからは、シングルマザーとして仕事と育児を両立。決断のきっかけは、現在11歳になった長男。

「ママ、手話をたくさんの人に広げてほしい」

 相談した際、長男にそう言われ背中を押された格好だ。実は、その背中を押した人物がもうひとりいるという。

「今井さんには、交際中の男性がいます。彼の応援があったからこそ、今回の出馬に前向きになったとも聞いています」(今井の知人)

 離婚から8年以上の間、特に浮いた噂もなかった彼女。どんな相手でどんな関係なのか、気になるところだ。

「地元・沖縄の同級生なんですよ。実は今井さんが初めて好きになった人で、当時、一目惚れをしたのだそう。彼は子どもの面倒をよく見てくれて、パパ代わりの存在とも聞きました。1年半ほどの交際の末、現在は半同棲をしているといいます」(前出・今井の知人)

 実は『週刊女性』は、昨年の暮れからこの男性との関係を見守ってきた。クリスマスの夜、今井の自宅にふたり一緒に車で帰ってきたところも目撃している。俳優の徳重聡に似た古風なイケメンだ。男性はカジュアルな服装をしていたが、クリスマスデートだったのだろうか。

 そして、1月上旬のある夜、再び今井の自宅に1台の車が帰ってきた。降りてきたのは、クリスマスに一緒にいた男性と同一人物だ。

――今井絵理子さんとお付き合いされていますよね?

「誰から聞いたんですか?」

――ご結婚の予定はあるんですか?

「ちょっと今は……」

 そう言いながら口を閉ざす男性。今井の自宅の門を開錠し、玄関へ向かおうとしたが……。

――ここは今井さんのお宅です。半同棲されていますよね?

「違います。僕はただの知り合いなんで……」

 今井が母親と息子と暮らす家なだけに、ただの知り合いではなく、心許せる相手なのだろう。

――今井さんと一緒にお話を伺うことはできますか?

「ちょっとわかんないです。彼女に聞いてみないと。僕からは話せないので」

 手慣れた様子でカードキーで玄関を開けると、中へ入ってしまった。彼が自宅に入っていって10分間が経過したものの、誰も出てこない。そこで、インターホンを押してみた。すると、女性の声で「ハーイ」と返事が。

――絵理子さんでしょうか?

「私は、絵理子じゃないですよ。絵理子の母でございます。娘は仕事でいないんですよ」

――今井さんと彼のお付き合いは1年半ぐらい前からですか?

「そうですね。それぐらい前から付き合っていますね。でも、詳しいことは絵理子に聞いてください」

最終更新:2月19日(金)18時36分

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」5月24日発売
毎週火曜日発売

定価390円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の記事内容ほかPRIME独自の記事を読むことができます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]