ここから本文です

清原和博 売人告白「取引の際は『キヨタ』と名乗っていた」

女性自身 2月16日(火)0時0分配信

「最初は、あるサイトを見て、電話がかかってきたんです。5年くらい前かな。電話では“キヨタ”と名乗っていました。受け渡しに使うホテルに“キヨタ”を呼び出すと、約束どおり部屋の前まで来て私の携帯を鳴らしました。ドアスコープを覗くと、プロレスラーのような巨漢が立っていたんです。“まさか……清原だ”とすぐに気づきました」
 
そう告白するのは、清原和博容疑者(48)に覚醒剤を売っていた売人で現役暴力団員のA。’14年までの3年間で約15回、薬物を売ったという。部屋に入れて、「あの方ですよね?」と聞くと、清原は「まあ……」と否定も肯定もしなかったという。

「普段、私は1グラム3万5千円で売るのですが、金がある清原は常連になると思ったので、1グラム3万円で売りました。“他でも引いてる(買ってる)んですか?”と聞きましたが、“いやー、まあ”と濁していました」
 
彼の予感は的中した。2週間後、清原からまた電話がかかってきた。

「開口一番、『いやあ、こないだのよかったです!』。覚醒剤の質がよかったという意味です。それで2回目は5グラム買ってくれました。最高で10グラム買って行ったこともありますね」
 
一度、コカインを10グラム売った際に1万円値引きしたAに、清原は「マジっすか?ありがとうございます」と嬉しそうな顔を見せたという。最後の取引は2年前。『週刊文春』が清原の薬物中毒を報じる少し前だった。

「清原に警察のマークがついていると情報が入ったんです。その後、清原から電話があったとき、それまで丁寧語で接していたのをやめて、『もうお前には売れない。俺の電話番号もすぐに消せよ!』と怒鳴ると、すんなり『わかりました』と言って、彼は電話を切りました」

 転落は早かった――。

最終更新:2月16日(火)0時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2728号・5月24日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分
舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」
舛添要一謝罪中 妻は4650円セレブランチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]