ここから本文です

岡崎慎司は言う。「献身的という褒め言葉ほど危険なものはない」

webスポルティーバ 2月17日(水)18時40分配信

 退場者が出ていなければ……。そう感じたサッカーファンは、少なくなかったはずだ。

 2月14日に行なわれたアーセナル(3位)対レスター・シティ(1位)の頂上決戦。緊張感あふれる好ゲームになったが、54分に起きたDFダニー・シンプソン(レスター)の退場処分が転機となった。

■ゴールの本田圭佑に嵐のような拍手。ミランは正しい道を歩み出した

 それまでは、レスターが1-0でリード。しかし、シンプソンの退場から形勢が逆転し、防戦一方となったレスターは後半ロスタイムに逆転ゴールを許した。勝負の世界に「たら・れば」は禁物だが、主審が厳しい判定で2枚目の警告を出していなければ、結果はまた違っていたかもしれない。レスターにとっては悔やまれる退場処分――そして敗戦だった。

 退場の影響を受けたのは、岡崎慎司も一緒である。ひとり少なくなったことで、戦術的理由から61分に交代。劇的な逆転弾を許しての敗戦について、「チームに響くと思うが……」と認めながらも、前向きに言葉をつないだ。

「(次の試合まで)2週間空くので、忘れられると思う。もう1回、ここからスタートできる。ここで負けたのは、正直そんなに問題ではない。次(第27節・ノリッジ戦)の試合のほうが大事かなと。リバプール、マンチェスター・シティ、アーセナルとの3戦のどこかで、負けや引き分けがあると思っていた。この3試合で勝ち点5を取れればと考えていたけど、実際は6ポイント取れたんですから」

 とはいえ、アーセナルのうまさと速さに舌を巻いたことも事実だった。

「アーセナル、うまかったですね。そんなにシュートを打たずに、最後までつないでくる。(MFアレックス・)オックスレイド=チェンバレンみたいに強引に仕掛けてくる奴がいれば、(MFメスト・)エジルみたいにフラフラしながらパスを出す選手もいる。バランスがいいですよね。総合的に見て、自分たちより上だった」

 アーセナルの素早い攻めに押し込まれ、2トップの一角として先発した岡崎も、守備に回らざるを得ない場面が多かった。実際、岡崎の守備は効いていた。セントラルMFのアーロン・ラムジーにプレスバックしてボールを奪えば、サイドまで流れて敵のサイドバックにも寄せに行く。「強い相手になると、ボール回しがうまい。俺が(MFダニー・)ドリンクウォーターや(MFエンゴロ・)カンテのフォローに行くことで、ボールも取れていた」と岡崎が言うように、守備での貢献は光っていた。

 だが、日本代表FWは昨年末から、「ゴール奪取」にプライオリティを置いている。この試合も、本人としてはゴールが欲しかった。一方で、プレスやチェイシングがチームを支えていたことも事実。プレーをゴールに傾けるのか、それとも守備を念頭に置くのか――。このあたりのバランスの難しさについて、岡崎は次のように語る。

1/2ページ

最終更新:2月17日(水)22時10分

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月22日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 異次元のシーズン』
■羽生結弦 インタビュー、厳選フォト
■浅田真央 復帰シーズンを振り返る