ここから本文です

C・ロナウド、敵地不発質問に激怒 「私より多くゴールを決めた選手がいるのか!」と会見打ち切り

Soccer Magazine ZONE web 2月17日(水)13時20分配信

昨年11月29日のエイバル戦以降、アウエーゴールなし

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、アウェーでリーグ戦4試合ゴールから遠ざかっている。記者会見でそうした敵地での低調ぶりを指摘されると激怒し、会見場から立ち去った。

欧州最強ストライカーは誰だ!? 得点率トップ10に香川同僚もランクイン

 ロナウドは、2季連続リーガエスパニョーラ得点王に輝くなど、昨年までの活躍に引き続き、31歳となった今季も公式戦30試合32得点とその得点力は健在だ。しかし、その多くが格下相手の得点で、強敵相手に沈黙を余儀なくされ、固め打ちが多いことから、衰えも指摘されている。リーガでは昨年11月29日のエイバル戦以降、敵地での4試合ゴールから遠ざかっている。

 4試合で敵地戦ゴールなしという状況を質問されたCR7は記者をにらみつけながら、スペイン語でこうまくし立てた。

「あなたは、私がスペインに来てから、私よりも多くアウェーで得点を挙げた選手の名前を上げられるかい?できないだろう。1人でもいるか? そんな選手はいないんだ」

 傍のジャージをつかむと、両手を広げて不快感を示した。記者が更に質問を重ねたが、ロナウドは「グラシアス(ありがとう)」と言い放った。イタリア語の通訳がロナウドの怒りのコメントを紹介する会見中にも関わらず、エースは足早に記者会見室から姿を消してしまった。

バルサ関連質問の連続に苛立ち

 プライドを傷つけられた。ローマとの試合の前日だったが、宿敵バルセロナに関連する質問ばかりだった。バルサのMSNと呼ばれるメッシ、スアレス、ネイマールの最強3トップがピッチ外でも親友のような親密さであることや、メッシとスアレスがセルタ戦で決めたトリックPKに関する質問がレアルのエースにぶつけられた。

 トリックPKに関しては「彼(メッシ)がなぜあのプレーをやったのか知っているが、それ以上は言うつもりもない」と語っていたが、ロナウドは苛立ちを静かに募らせていた様子だった。

 誇り高きCR7はこの怒りを敵地のゴールにぶつけることができるだろうか。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:2月17日(水)18時4分

Soccer Magazine ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。