ここから本文です

なんでんかんでん川原社長 「借金5億円」への転落と復活

NEWS ポストセブン 2月20日(土)7時0分配信

 全国にラーメンブームを巻き起こし、日本のラーメンを豚骨に染めた伝説の店が「なんでんかんでん」だ。わずか13坪のお店は連日、環七に車を止めて訪れる客でにぎわった。その社長を務めるのが川原浩史氏(51才)である。2012年、環七本店は26年の幕を閉じ、残りの店も昨年ですべて閉じたと話す。川原氏が抱えた借金は最高時5億円とも報じられた。川原氏の今、そして当時のブームについて本人に直撃した。

――本店を閉めてから3年間、「なんでんかんでん」はどうなったのでしょうか?

川原:元々、私がやっていたのは本店の一軒だけでした。金沢の店は15年前から義兄がやっていました。本店閉店のニュースで見て、「なんでんかんでん」のラーメンをやりたいという人から、50件以上も問い合わせがあったんです。それで、福岡、山口、岡山、新潟、三重、群馬など、2年間で一気に支店やコラボ店が8店舗まで増えました。

――閉店前より店舗が増えてる!! 実は順調にラーメン経営をしていたということ?

川原:中には、そこそこの店もあったのですが、昨年、全て閉店したんです。

――なぜ?

川原:各店でスープを作っていたり、一部「なんでんかんでん」のレシピを元に工場にスープを作らせたたりと新しい挑戦を試みたのですが、他店舗展開を一気に出し急いだせいか、店舗ごとに味が違ったり、加盟者との意思の疎通がうまくいかずでした。その後も試行錯誤の結果、昨年おいしいスープができたんですよ。あと少し改良の余地がありますが…仕切り直すことにしたんです。

――「なんでんかんでん」の再スタートはいつ?

川原:今年の夏ごろを目途に復活を考えています。都内で場所を探していますよ。今度はね、豚骨ラーメン店だけでなく、ラーメン居酒屋、そして博多ちゃんぽんを展開していこうと思っています。

――ちゃんぽんにも進出するんですね。

川原:今度はちゃんぽんブームを起こしたいんです。長崎ちゃんぽんが一番有名だけど、ちゃんぽんは博多でも日常的な一般食なんです。関東には、あまりおいしいちゃんぽんがないなって、常々思っていて…。

1/3ページ

最終更新:2月20日(土)16時37分

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]