ここから本文です

「日本最強の地味女優」黒木華が『真田丸』で圧勝した理由

女性自身 2月20日(土)6時0分配信

「彼女は昨年4本の映画に出ています。脇役ですが、全部主役を喰っている。『母と暮らせば』ではあの吉永小百合さん(笑)。『真田丸』は例によって助演の貧しい娘の役ですが、長澤まさみさんも喰われるなと思って見ています」

 そう語るのは、黒木華(25歳)の出身大学の恩師で映画評論家の寺脇研教授。『真田丸』で信繁の初恋の相手・梅を好演中の黒木。今春には映画と連ドラで初主演も務める。彼女が最初に脚光を浴びたのは2014年、山田洋次監督の『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した日だった。それも日本人最年少。コラムニストの桧山珠美氏は言う。

「この映画で、これほど白い割烹着が似合う20代がいるのか、と驚いた。“懐かしの昭和顔”が彼女の大きな武器。朝ドラ『花子とアン』(NHK)の花子の妹・かよの真っ黒にした農家の娘の汚れっぷり。名前は『華』があるのに本人に『華』がないと思っていたら、役に入れば『華』がある不思議な女優。大竹しのぶ以来の、けっして美人女優とはいわれない本物の演技派女優だ」

 黒木は大阪府出身。映画好きの母の影響で、幼少期からよく映画を見ていたという。高校受験前に「演劇がやりたい」と母に直訴し、演劇に実績のある大阪府内の名門進学校に入学する。彼女の大きな転機となったのは、劇作家・野田秀樹氏との出会いだった。

「彼女が高校在学中、初めて生で観た演劇作品が松たか子主演の野田作品『贋作 罪と罰』。この舞台の迫力に触発され、京都の大学に進学後、野田さんの演劇ワークショップのオーディションを受けた。その後、別作品のオーディション(『表に出ろいっ!』)で野田さんが半年ぶりに彼女に会ったとき『伸びしろ半端なかったよ!』と驚愕していました」(舞台関係者)

 この作品でヒロインに抜擢されたことで、現在の事務所に所属。徐々にテレビや映画の話題作に出演し始める。

「オーディションを勝ち抜いて起用された映画『小さいおうち』では、主役の松たか子を支える女中役。彼女にとって、松はもともと憧れの女優だったし、山田洋次監督は彼女の祖母が大ファンだった。それで銀熊賞も獲得。業界でも彼女は“持ってる女優”だと名前が一気に知れ渡った」(映画関係者)

 一躍、人気女優となった彼女だが、学生時代の仲間たちとは今でも交流があるという。前出・寺脇教授は言う。

「黒木の大学の同級生で売れない役者が昨年末、小さな舞台に出た。彼女はちゃんと激励がてら観に来ていました。自分が売れてもともに学んだ仲間を大事にしている。その情愛が多くの方々に好かれる理由なのだと思います」

 寺脇教授が黒木と再会したのは、再び山田洋次監督と組んだ映画『母と暮らせば』の公開直前。寺脇教授は「今度の山田組はどうだった?」と聞いた。

「『小さいおうち』のときは何もかも夢中だった。でも今回は山田監督とは2回目だったから、ちゃんといい仕事をしようと思って監督にぶつかっていけた。自分のこれまでにない新しい面が出せたと思います」と答えたという。

「日本には華やかな女優も演技力の高い女優もいっぱいいます。だが、あの若さで“七色の顔”を自在に演じられる女優は日本では黒木華しかいない」(寺脇教授)
(FLASH 2016年3月1日号)

最終更新:2月20日(土)6時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2728号・5月24日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分
舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」
舛添要一謝罪中 妻は4650円セレブランチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

世界で最も長寿な生物
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。 [new]