ここから本文です

本田らミラン選手に睡眠妨害 試合前夜のナポリサポーターの蛮行に悪童も挑発で応酬

Soccer Magazine ZONE web 2月23日(火)10時34分配信

ナポリ地元警察も出動の大騒動に

 日本代表FW本田圭佑らACミランのメンバーが、22日の敵地ナポリ戦前夜、悪童ストライカーのせいでとんでもないアウェーの洗礼を受けていたことが明らかになった。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

“移籍金ゼロ”で今夏に獲得できる「契約満了ベスト11」 3トップにはあの大物選手の名前も…

 ミランは試合前日にナポリ市内の高級ホテルへ宿泊した。スタディオ・サンパオロで行われる一大決戦に向けて英気を養っていた。ところが、真夜中に選手、スタッフは叩き起こされる羽目になったという。

 ホテルの外でナポリサポーターの若い男性200人が集結。ミランをこき下ろす歌を合唱し始めたという。これに反応したのは遠征メンバー入りしていたFWマリオ・バロテッリだ。ベランダから身を乗り出すと、サポーターに挑発し返すようなジェスチャーを披露。これによって火が付いたサポーターの嫌がらせの合唱はエスカレートし、バロテッリ個人を攻撃するチャントも飛び出したという。

 大一番を前にした不眠の危機に、ミラン幹部は地元警察に通報。警察が実力行使で睡眠妨害軍団を解散させたとレポートされている。

 試合では、ミランは強敵ナポリ相手に終始劣勢に追い込まれた。前半44分に本田のクロスからイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが同点弾を決めたが、絶体絶命のピンチが続く流れだった。

 現在の実力通りとも呼べる試合展開だったが、ミランの完全な劣勢には睡眠妨害軍団とバロテッリの挑発も影響したのかもしれない。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:2月23日(火)12時29分

Soccer Magazine ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]