ここから本文です

中野美奈子、小林麻耶、夏目三久 女子アナへのゲスないじめ

NEWS ポストセブン 2月25日(木)7時0分配信

 視る者には華やかに写るテレビの世界だが、スタジオの裏側では、“番組の邪魔者”や“テレビ弱者”への陰湿で狡猾ないじめが横行している。ひな壇芸人の椅子を争うような若手芸人は恰好な標的だが、彼らと並んで「テレビいじめ」の対象になりやすいといわれるのが女子アナたち。

「女子アナはテレビ局という組織の中の一社員だから命令しやすいうえに、社内で目立つ存在。局内で陽の当たらない仕事をする人たちからの妬みややっかみが生まれがちなんです」(テレビ番組関係者)
 
 元TBSの小林麻耶(36)は退社後、自身のブログでこう明かしていた。

〈無視はつらい。まさか大人になって小学生みたいなことをされるなんて想像もしていなかったので、かなりショックが大きかった〉

 元フジテレビの中野美奈子(36)も退社後にファッション誌で〈地獄の日々だった〉と局アナ時代の苦悩を告白。生放送終了後、毎日のように先輩とVTRチェックがあり、その先輩アナから「お前には本当にニュースを読むセンスがない」と罵倒され続け、鬱状態になり、トイレにひとりでいるときが唯一の楽しい時間だったと明かしている。そうした仕打ちが彼女たちには“いじめ”に感じたのだろう。

 あるキー局の情報番組では女子アナへの何とも「ゲスないじめ」が行なわれているという。

「出演女子アナと折り合いの悪いプロデューサーが、収録中にカメラマンに下半身や胸の谷間を撮り続ける指示を出し、“パンチラ”“ブラチラ”を狙います。それをモニター室で見ながら“おっ、今日は黒だぞ!”とか“今日は白かよ~”とせせら笑っているんです。が広まるのが早い世界なので撮られた女子アナの耳にもすぐに入るのですが、彼女にしてみれば“上司”ですから何も言えないようです」(テレビ局関係者)

 ニュースの現場ではベテランディレクターによる女子アナいじめがあるという。あるフリー女子アナウンサーが絶対匿名を条件に語る。

1/2ページ

最終更新:2月25日(木)7時0分

NEWS ポストセブン