ここから本文です

梅宮アンナ 育児放棄報道に「びっくり。報道で娘傷ついてる」

女性自身 2月26日(金)6時2分配信

「娘が生まれてから、ずっと同じ部屋を2人で使っていたのだけど、娘も14歳。自分の部屋が欲しいって言いだしました。私は衣装は全て自前だから、すごい量の洋服で、家族と相談して、娘の気持ちを一番に尊重し、近所に別の部屋を借りました。新居は基本的には衣装部屋と仕事部屋です」

 そう語るのは、モデル・タレントとして活躍中の梅宮アンナ(43)。これまでにも恋愛やプライベートでワイドショーをにぎわしてきたアンナだが、初の書き下ろしエッセイ『女は「ひとりの時間」に磨かれる』(KADOKAWA刊)の宣伝でメディアへの出演が相次ぐなか、またしても衝撃の報道が。テレビ番組で新居を公開したところ「娘と別居」「育児放棄だ!」という声が上がったのだ。この報道についてアンナはこう説明する。

「梅宮家は、食事は家族一緒がモットーだから、別居と言われちゃいましたが、実際はほとんど一緒にいるのと変わらない。ただ、四六時中、一緒にいることがいいことだとも限りませんよね。テレビやネットを見ると『梅宮アンナ 娘と別居、育児放棄報道!』を見て、うちの家族がいちばんびっくりしてます。父は『別居って、お前、毎日いるじゃないか。たまには新居に行けば?』って言うほどです」

 娘の百々果ちゃんからは、『私が育児放棄されてかわいそうって思われてるの?』と聞かれてしまったそうだ。しかし、今回だけではなく、以前も似たような出来事があった。

「数年前に、インスタグラムがすごく炎上したことがありました。そのときも『百々果ちゃんがかわいそう』『それでもお前は親か』ってそんなことがたくさんずっと書かれました。その書き込みを百々果は読んでいたので『皆さん。なぜ、私がかわいそうなんですか?私はママが大好きだし、HAPPYです』って英語で書き込んだの。そしたら静かになった。周りがかわいそうに仕立てあげたいのかな?今回の報道に百々果がいちばん傷ついているので、それは本当に申し訳なく思っています」

 プライベートの出来事で騒がれるたびに百々果ちゃんはいつも母・アンナを励ましてきた。

「百々果は学校でゴシップ誌を読んだりしているから、『ジャスティン・ビーバーは、もっとひどいこと言われているよ』とか『芸能人は言われるのはしょうがないと思うよ』って言ってくれる。百々果は梅宮家のなかでいちばん大人ですよね。私たちは姉妹のような親子関係で、お互いがお互いのファンなんです」

 娘を出産してからの14年。梅宮アンナは娘とともに成長し、絆を強めてきた自負がある。

「家族の形は人それぞれ。事情や状況、仕事によって違う。でも人と違うだけであれこれ言われやすい。私は母がアメリカ人だし、梅宮家は日本の普通の家庭とはだいぶ違うと思います。海外ではベビーシッターやシングルマザーの恋愛、ステップファミリーについてよく耳にすることだし、育児法も全く異なりますよね。いま、娘は、インターナショナルスクールに通っています。インターの教育は英語を勉強するだけでなく個性を伸ばして、自立心を高めるのでしっかり者の娘に成長したのかもしれません。もちろん、こんな生活ができるのも、父と母のおかげ。本当に感謝しています。そして今日も梅宮家はみんな笑顔です」

最終更新:2月26日(金)6時2分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2728号・5月24日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分
舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」
舛添要一謝罪中 妻は4650円セレブランチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]