ここから本文です

橋本環奈が“天使すぎる”純白ドレスでゆうばり参戦!

Smartザテレビジョン 2月27日(土)22時31分配信

“1000年に1人の逸材”と称される美少女・橋本環奈が、3月5日(土)公開の主演作「セーラー服と機関銃 -卒業-」を引っ提げ、2月27日、北海道・夕張の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」に初登場した。

【写真を見る】“1000年に1人の逸材”橋本はゆうばり初体験にカ・イ・カ・ン!?

人気ゲストが登壇する舞台あいさつ付きの上映ということで、会場前には上映前から長蛇の列ができ、500席の会場はあっという間に満席に。

中には北海道外からの客も見られ、注目度の高さがうかがえた。開演後は本作を監督した前田弘二に続いて、まるで夕張の美しい雪景色のような純白のドレスで橋本が登場。本映画祭だけでなく、夕張への来訪も初めてという橋本は「歴史ある映画祭に招待されてうれしい」と感動していた。

この日は公開35周年記念特別上映として薬師丸ひろこ版の「セーラー服と機関銃」('81年)も上映されたが、撮影前にこの映画を見たという橋本は「今見てもスタイリッシュで、薬師丸ひろこさんが本当にかっこいい」と絶賛した。

自身が主演を務める新作「セーラー服と機関銃 -卒業-」では、そんな薬師丸が演じた主人公・星泉を橋本が演じるが「作品のタイトルに恥じないように」との強い思いで撮影に挑んだという。

本作の制作において「新しいものを作る上でいろいろ挑戦した」と語る前田監督は、入念なリハーサルを重ねてきたにもかかわらず、クランクイン前日にキャストへ「今までやったことを全部忘れて。あとは現場で何が起きるか分からないよ」と伝え、ライブ感を重要視したそう。

橋本も最初はその指示に戸惑ったそうだが、現場でアイデアを出したりアドリブを入れたり、監督の思いに全力で応えたという。

また舞台あいさつでは「セーラー服と機関銃」おなじみの名ぜりふ「カ・イ・カ・ン」になぞらえて、橋本が「(機関銃のシーンは)快感でした」と答えるリップサービスも。これには会場からも大きな歓声が上がり、大盛況のうちに舞台あいさつが終了した。

あらためて橋本は「この映画は私の父も大好きなので、まさか自分の娘が薬師丸さんと同じ役をやるとは思っていなかったでしょうし、すごく喜んでくれましたね。『セーラー服と機関銃 -卒業-』では、寒い夕張とは真逆の暑い高崎(群馬)で撮影し、監督やキャスト、スタッフみんなで作品を作り上げてきました。私らしい星泉を演じているので、新しい作品として本作を受け入れていただけたらうれしいです」と、キラキラと輝くほほ笑みを浮かべて語った。

最終更新:2月27日(土)22時31分

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年28号
7月27日

特別定価:340円

表紙:櫻井翔
開幕直前!リオ五輪特集
嵐五人のわちゃわちゃSHOT
夏ドラマ裏ネタオリンピック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「悟り」に続く4万8千キロの道
「情熱をもって鍛錬を繰り返せば、新たな悟りが見つかるであろう」お釈迦様のこの言葉に導かれ、慈眼寺の塩沼亮潤住職は若かりし頃、「千日回峰行」という、毎日48kmの山道を歩くことを千日間続けるという厳しく辛い修行を乗り越えました。この啓発的なトークの中で、塩沼住職はこの試練について思い返し、自身の経験から得た深遠な智恵を紹介します。 [new]