ここから本文です

本田、伊紙『ガゼッタ』も降参。「真の中盤」と絶賛しMVPに選出!

フットボールチャンネル 2月28日(日)13時28分配信

 本田圭佑の活躍をイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』も絶賛している。

 イタリア・セリエA第27節が現地時間の27日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでトリノと対戦し1-0で勝利を収めた。

中田氏が“後輩”の2人、本田&長友について語る。「本田は適応する必要があった」「長友はもはやイタリア人」

 直接FKがクロスバーに直撃するなど好パフォーマンスを披露した本田だが、ガゼッタ紙もまた同選手を採点「7,0」でMVPに選出した。「左足のFK」「真の中盤の動きを披露」「ボール奪取してカルロス・バッカのカウンターに繋げた」と攻守に渡る本田の貢献を絶賛している。

 ガゼッタ紙はこれまでミラノダービーでの活躍でも他メディアが本田をMVPに選ぶ中、辛口評価を貫いてきた。しかし、最近の躍動で同選手への評価を一変させている。

 試合後のインタビューで「(僕自身が)変わったところはない」と話した本田だったが、イタリアメディアからの評価は確実に変化しているようだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2月29日(月)12時15分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]