ここから本文です

不健康でも魅惑的「青森県がお前をKILL」ツアーに行ってみた

女性自身 3月2日(水)9時54分配信

「“太く短い人生”には、実は青森の魅力がいっぱい。体験しながら、ふだんの生活を見直してもらうのが狙い。危険なツアーではないですよ」

 そう、ガイド役の弘前大学3年の坂本大河君は不敵に笑う。平均寿命(平成22年、厚生労働省)が女性85.34歳、男性77.28歳と共に全国最下位の青森県が企画した短命県体験ツアー「青森県がお前をKILL」が弘前市で行われるということで、故郷・青森を離れて30年の本誌メタボ記者(46)もツアーに参加してみた。参加者は女性3名、男性7名。

 1泊2日のツアーの始まりは酒蔵での地酒の試飲から。しかも、試飲レベルではなく、本格的な飲み会に突入。ほろ酔い気分の参加者を待ち受けていたのは、煮干しラーメン。しかも2杯。さらにスープをすべて飲み干すのが「青森のたしなみ」とのこと。

「寒いから飲む。地酒もおいしいから飲む。食べ物が塩っ辛いから、またまた飲んでしまうんです」とは、東京から参加した遠藤悠子さん(36)。

 宿泊先の老舗旅館の枕元には、主催者から日本酒一升と太宰治の『人間失格』の文庫本の粋なプレゼントが……。宴会では、筋子、身欠きニシン、イカメンチ、漬け物と塩辛い“津軽グルメ”が並ぶ。

「これに青森の人は、さらに醤油をかけます。醤油をかけた先に見えてくる“味”があるんです」(坂本君)

 宴会の最後の締めの“デザート”は、袋麺の麺をそのままくだいて、粉末スープをかけたもの。本誌記者には懐かしい“青森のおやつ”だ。かなり塩分が強いが日本酒で洗い流せば、ほら大丈夫。

 宴会の後、雪降る街を散策。一軒のそば店は酔客で超満員。杯を片手にした客のほとんどが食べているのは、カレーうどんのラーメン版「カレー中華」の天ぷらのせ。おそるべし青森県民……。

 長寿研究の第一人者、白澤卓二医師があきれ顔で語る。

「酒だけでなく、ラーメンには麺グルテン、スープの塩分に習慣性がある。少量でもセットで食べると相乗効果で1日の塩分摂取量は大幅に超えてしまい、生活習慣病の危険性が高まります」

 2日目のスケジュールはハードな雪かきから。過酷な作業で汗をかいたから酒がうまい。解散式でも乾杯を……。不健康でも魅惑的な短命県体験ツアー。「しょっぺえ~!けど、うんめ~、やめられねぇ~」。本誌記者の体と舌は、この30年ですっかりヤワな“薄味”に慣れてしまっていたようだ。

最終更新:3月2日(水)9時54分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2728号・5月24日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分
舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」
舛添要一謝罪中 妻は4650円セレブランチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]