ここから本文です

「岡崎は怒った熊のよう」。決定機逸も英紙は高評価

フットボールチャンネル 3月2日(水)7時36分配信

【レスター 2-2 WBA プレミアリーグ第28節】

 レスター・シティは現地時間1日、ホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦してホームで2-2の引き分けに終わった。

あの女性は一体誰!? バロンドール授賞式のプレゼンターが美人すぎると話題に

 日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たし、ゴール前で度々惜しいチャンスは迎えたものの、得点を奪えずに63分で途中交代となっている。

 現地メディアは岡崎に対して平均またはやや高い評価を与えている。『デイリー・ミラー』は岡崎に「7」の評価を与え、寸評では「活発に、WBA守備陣にしつこく迫った。2度ゴールに近づいた」としている。

 また、『デイリー・メール』は「6」とし、記事内では「岡崎は怒った熊のように相手からボールを奪った」と評している。

 なお、レスターはこの引き分けたため、翌日の試合でトッテナムかせウェスト・ハムに勝利すると順位が入れ替わり、首位陥落となる。次節、レスターはアウェイでワトフォードと対戦する。

【得点者】
11分 0-1 ロンドン(WBA)
30分 1-1 ドリンクウォーター(レスター)
46分 2-1 キング(レスター)
50分 2-2 ガードナー(WBA)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3月3日(木)12時17分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!