ここから本文です

中居正広がハワイで会食した「苦労人タレント」

FRIDAY 3月4日(金)7時30分配信

 現地で合流して飲んでるかな? 笑顔いっぱいな彼が目に浮かぶ―。
 ツイッターなどでファンが噂していた二人の密会、ちゃんと実現していた。日本時間3月1日朝6時、ハワイ・ホノルルのお昼前のことである。

「パークショア・ワイキキホテルにある和食レストラン『YOSHITSUNE』に『SMAP』の中居(正広)くんがいたんです。5~6人で来ていて、その中にはヒロミさんもいた」(居合わせた客)

 寿司やロブスターなど海鮮料理が旨いと評判の和食店で一行はお昼の定食に舌鼓を打っていた。客が続ける。

「中居くんは真っ赤な帽子に白の何かのロゴ入りのシャツに短パンとラフな格好。個室じゃなくテーブル席だったんですが、まわりにほとんど客がいなかったからか、とにかくゴキゲンでした」

 SMAPの分裂騒動後、「自宅と仕事場の往復」「家に引き籠こもっている」「友だちが鍋をしに来てくれた」と嘆いていた中居はハワイで発散していた。

 今回、冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)の海外ロケでハワイ入りしていたのだが、収録が終わり、スタッフが帰国した後も現地に残留。そこにヒロミが駆けつけた形だ。

「1月4日ごろ、中居から電話がかかってきて『マージャンやりましょうよ~』と珍しく誘ってきたのを、ヒロミは断ったんだそうです。そしたら1月中旬になって分裂騒動が表面化した。『アイツ、なんか相談したかったんだろうな』とヒロミはそのことを悔やんでいました。実はSMAPの独立クーデターは昨年末までに『鎮圧』され、全員残留することで水面下でケリがついていた。中居がヒロミに電話したのは『戦後処理』の直後だったのです」(民放関係者)

 ’90年代後半、週10本のレギュラーを抱えていたヒロミはウリでもあった傍若無人キャラがマイナスに作用して、仕事が消滅。10年間、テレビから姿を消したが、その間、ジム経営者として成功。再び芸能界へ戻った苦労人だ。

 許されたとはいえ、一度はジャニーズ事務所に楯突いた中居。干されるリスクを考え、先達に今後の身の振り方を相談していたとしてもなんら不思議はない。フライデー最新号では、二人が語らいながら歩く姿も掲載している。

 事実、二人が日本を離れて会食している間にグループ唯一のレギュラー『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)打ち切りのニュースが駆け巡った。人生の先輩との会食は、中居に何をもたらすか。

PHOTO 西 圭介

最終更新:3月4日(金)7時30分

FRIDAY