ここから本文です

【日本代表】ハリルの逆鱗に触れる!? 指揮官の要求をあえて“無視”した宇佐美のプロフェッショナリズム

SOCCER DIGEST Web 3月7日(月)21時23分配信

「(動きが)バレていたらやめるのは、選手として当然」

 3月7日から千葉県内で日本代表候補が合宿をスタートさせた。「基本コンセプトの刷り合わせ」(霜田正浩技術委員長)がメインテーマとなるなか、選手たちは初日から高い意識の下、トレーニングに励んだ。

【PHOTOギャラリー|代表24人の顔ぶれ】

 この日の最後のメニューとなったゲーム形式の練習で、プレーを止めたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が左サイドにいた宇佐美貴史のもとに近寄る。そして求める動きを自ら実践して説明してみせた。

――サイドで最終ラインからパスを受けたら、ダイレクトで中にはたいた後、縦に抜けてリターンをもらえ――

 指揮官が伝えたかったことは、おそらくこんなところだろう。事実、説明する直前のプレーでは、サイドで受けた宇佐美は縦に抜けようとはしていなかった。

 そして、プレー再開。すぐさま、似たようなシチュエーションが宇佐美に訪れる。最終ラインからパスを受け、中にはたいて、そして……。

 宇佐美は、縦に抜けなかった。ダイレクトではたいた後、自身も中に入っていった。

「(説明された直後で)味方に読まれているっていうのもありますし。背後を突くにも、いくつか種類がある。そこは、臨機応変に。下手したら、逆鱗に触れるかもしれないですけど(笑)、でも(動きが)バレていたらやめる、っていうのはサッカー選手として当然のことなので」

 ただ、言われたことをやるだけではない。“練習のための練習”にならないよう、常に本番を想定してプレーしているプロフェッショナルなワンシーンだった。

「求められている動きやプレー、振る舞いはあるにせよ、ブレずに自分らしくやりたいし、自分らしさを出せなければ、いる意味がない。そのへんのこだわりは、チームでも代表でも持っていきたい」

 今年初となる代表活動の初日は、フィジカルメニューが大半を占めた。しかし、宇佐美に“慣らし”のつもりはない。揺るぎない信念とともに、最初からいかに自分をアピールするか――そんな気概を見せる宇佐美の判断とオリジナリティに、ハリルホジッチ監督は怒りを覚えるどころか、頼もしさを感じているに違いない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:3月7日(月)21時23分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]