ここから本文です

春野恵子 電波少年の東大企画で2回脱走してた過去を告白

NEWS ポストセブン 3月8日(火)7時0分配信

 1990年代の人気番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)の企画「電波少年的東大一直線」で、東大卒の家庭教師・ケイコ先生としてブレイクした春野恵子。当時、お笑い芸人・坂本ちゃんを、日本大学文理学部などに合格させた。そこに至るまでの8か月間には、知られざる秘話があった。現在は浪曲師として活動する春野に、当時を振り返ってもらった。

――『電波少年』出演のきっかけから教えてください。

春野:事務所に入ったばかりの頃、日本テレビの新番組だと言われてオーディションに行ったんです。でも、どんな番組かわからなくて…。面接だけで終わって、1か月を過ぎても結果が伝えられなかったので、落ちたのかなと思っていました。

 そんな時に、「『電波少年』の観覧に行くから」と突然マネジャーに言われて。家族で旅行に行く予定だったので、私は旅行には後から行くことにして観覧に行ったら、『ダース・ベイダーのテーマ』が流れてTプロデューサーに連れて行かれたって感じですね(苦笑)。

――室井滋さんに促されて。

春野:産休の松本明子さんの代わりに室井滋さんが司会をされていて、「坂本ちゃんが東大に向けて勉強しているんだけども、一人じゃ進まないなあ。この中に東大の人はいませんかね?」っていきなり言い出して。

 私は嫌だったんですけど、隣のマネジャーに手を挙げさせられたんですね。私が『電波少年』に出ると思わなかったのでそのときは、ひたすら笑っていました。びっくりすると、人って笑うのかなって思いましたね。

―― 一切、説明もなかった?

春野:ありません。四谷のマンションに連れて行かれて、「やりますか、やりませんか?」と。

――断らなかったんですね。

春野:はい。「ヤラセかな、1週間に1回くらい収録に行けばいいかな」と思っちゃったんですね。そうしたら8か月間、マンションに閉じ込められました。

――ガチだったんですね。つらかった?

春野:つらい時もありましたよ。辞めたいなとか、おうち帰りたいなとか。当時付き合っていた彼氏もいたので、彼氏に彼女ができちゃう夢を見て、泣きながら目を覚ますこともありました。

1/3ページ

最終更新:3月8日(火)7時0分

NEWS ポストセブン