ここから本文です

ゲス川谷が週刊文春に激白! 「ベッキーさん謝れって何か違う」

週刊文春 3月9日(水)16時1分配信

 休業中のタレント・ベッキー(32)との不倫問題で、沈黙を続けてきたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)が、週刊文春の取材に答えた。

 3月2日、渋谷のライブハウスで久しぶりのコンサートを開いた川谷は、ファンを前に「言っておくけど、オレ、好きで黙ってたわけじゃないから!」などと大放言を連発。

 週刊文春記者が発言の真意を聞くべく電話取材をすると、世間からのバッシングについて、川谷はこう話した。

「ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、僕もそうなんですけど、ベッキーさんもそうだと思うけど、何か違うんじゃないかなと思って」

 川谷は、現在の妻との関係や、ファンへの思いなどについて質問に答えた。

 また、ゲス乙女の別のメンバーが既婚者であるのを隠していることについては、「僕からは、何とも言えないですね。はい」と発言を控えた。


<週刊文春2016年3月17日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:6月10日(金)16時46分

週刊文春

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊文春

文藝春秋

7月7日号
6月30日発売

定価400円(税込)

<“舛添ブーメラン”自民を直撃!>
安倍首相自ら口説いた参院選トンデモ候補 青山繁晴

<「週刊現代」医療特集のウソ>
がんの名医が教える「悪い手術」と「いい手術」ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。