ここから本文です

レアル、CL準々決勝進出。決定機潰し続けたローマをC・ロナウドが引導を渡す

フットボールチャンネル 3月9日(水)6時41分配信

【レアル・マドリー 2-0(4-0)ローマ CL 決勝T1回戦2ndレグ】

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグが現地時間の8日に行なわれ、レアル・マドリーはホームでローマと対戦した。

スペイン女子チームがグラビアカレンダーを販売。資金調達のため選手が一肌脱ぐ

 1stレグをアウェイで2-0の勝利を収めたマドリーだが、FWベンゼマが負傷して欠場を強いられる。一方、FWベイルが復帰し、先発メンバーに名を連ねた。

 FWサラー、FWエル・シャーラウィを中心にカウンターからチャンスを伺うローマは序盤に二度決定機を迎える。サラーの突破からエル・シャーラウィが落としてFWジェコが抜けだすもGKとの一対一を制すことができない。28分にはジェコのパスにサラーが抜けだすも、今度はシュートはサイドネットに外れる。

 後半にもサラーが決定的なチャンスを逃すと、57分にはフロレンツィが突破しGKとの一対一を迎える。しかし、ここはGKナバスが素晴らしいセーブをみせる。さらに直後のCKでもマノラスのシュートをブロックする。

 そして64分、その時が訪れる。ベイルと替わって投入されたL・バスケスのクロスにC・ロナウドが反応。ことごとくチャンスを潰したローマをあざ笑うかのように一発の決定機をものにする。対戦6試合で5得点と圧倒的な相性のよさをみせるローマ相手に再び先制点を決め、2戦合計勝利を決定的とする。

 続く68分には右サイドからハメスがGKスチェスニーの股を抜き勝負あり。ローマは74分にエル・シャーラウィに替えてトッティを投入。サンチャゴ・ベルナベウのマドリディスタ(マドリーファン)はスタンディングオベーションで迎える。

 そのまま試合はレアルが2-0で終了。2ndレグも制して準々決勝進出を決めた。

【ヴォルフスブルク 1-0(4-2)ヘント】

 一方、第1戦をアウェイで3-2と勝利したヴォルフスブルクはホームでヘントと対戦した。

 ホームのヴォルフスブルクがリードしていることで、試合はスローペースで進んでいく。前半をスコアレスドローで終えたヴォルフスブルクは74分にシュールレのゴールで先制。勝ち上がりに大きく近づく先制点を決める。

 最後までリードを保ったヴォルフスブルクは1-0で勝利。合計スコア4-3で準々決勝進出を決めている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3月9日(水)7時4分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「悟り」に続く4万8千キロの道
「情熱をもって鍛錬を繰り返せば、新たな悟りが見つかるであろう」お釈迦様のこの言葉に導かれ、慈眼寺の塩沼亮潤住職は若かりし頃、「千日回峰行」という、毎日48kmの山道を歩くことを千日間続けるという厳しく辛い修行を乗り越えました。この啓発的なトークの中で、塩沼住職はこの試練について思い返し、自身の経験から得た深遠な智恵を紹介します。 [new]