ここから本文です

江本孟紀氏 セは中日が優勝、根拠は2つある

NEWS ポストセブン 3月14日(月)7時0分配信

 ペナントレース開幕まであと少し。明るい語り口で知られる野球評論家の江本孟紀氏に、順位予想と個人タイトル獲得者の予想をきいた。

●セ・リーグ予想
(1)中日、(2)巨人、(3)阪神、(4)ヤクルト、(5)広島、(6)横浜

●パ・リーグ予想
(1)ソフトバンク、(2)日本ハム、(3)西武、(4)オリックス、(5)ロッテ、(6)楽天

 セは中日が優勝です。驚いたでしょ。根拠はちゃんと2つありますよ。1つは昨年の中日はチーム防御率(3.19=3位)と打率(.253=2位)が両方Aクラスで優勝もありうる状態だったこと。そしてもう1つは昨年、誰も予想してなかったヤクルトが優勝したから。あえて“まさか”に賭けます(笑い)。

 2位は巨人。でもBクラスもあるでしょう。打線が低レベルすぎます。阪神は監督が一番元気だけど、戦力を冷静に判断すれば3位。ヤクルトは41Sを挙げたバーネットがいないのが痛いし、広島はマエケン(前田健太)の穴が埋まらない。横浜は外国人監督で大変。中畑(清)でもワケがわからんかったのに、ラミレスではどこへ向かっていくか見当もつかんですよ。

 その点、パはソフトバンクがダントツです。あんな状態の松坂(大輔)が余裕で調整できる戦力の時点で、他の5球団が敵うはずがない。2位以下は大谷(翔平)がいる日本ハムと、優勝してもおかしくない戦力が揃う西武が頭一つ出ているかな。

●個人タイトル予想
セ=首位打者:川端慎吾(ヤクルト)、本塁打王、打点王:山田哲人(ヤクルト)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:菅野智之(巨人)。最多奪三振だけ藤浪晋太郎(阪神)?

パ=首位打者・本塁打王・打点王:柳田悠岐(ソフトバンク)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:大谷翔平(日本ハム)or則本昂大(楽天)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

最終更新:3月14日(月)11時26分

NEWS ポストセブン