ここから本文です

17歳の日伊ハーフ守護神、第3GKとしてチェゼーナのトップチーム入り

フットボールチャンネル 3月14日(月)19時0分配信

 チェゼーナの下部組織に所属する17歳のGK燦(あきら)・ファンティーニが、第3GKとしてトップチーム入りしたようだ。14日に伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

韓国メディアが日本を酷評。「ベスト4目標という虚言」「寿司タカ」「時代遅れのパスサッカー」「中身がない」

 17歳のファンティーニは、日本人の母親とイタリア人の父親を持つ日伊ハーフGKだ。現在は、かつて長友佑都もプレーしたセリエB(現在2部)チェゼーナの下部組織に所属している。サッカーを始めたきっかけは父と観戦に行ったイタリア代表の試合で、GKジャンルイジ・ブッフォンが素晴らしいセーブでチームを救った光景を目の当たりにしたからだった。

 ファンティーニは東京五輪世代の一人で、2020年に日本で開催されるオリンピックに出場する候補として期待されている。まずはトップチームで経験を積み、いつの日か日本代表に呼ばれる選手になりたいところだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3月14日(月)20時1分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。