ここから本文です

ゲス川谷がベッキーへの胸中を告白

週刊文春 3月15日(火)16時1分配信

「世間の誰に謝ればいいの?」など、ライブ中の大放言で炎上しているゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が、「週刊文春」の取材に再び応じ、ベッキー(32)に対する胸中を語った。

「今は全く連絡も取っていないので、どういう気持ちでいるのかな、とか。やっぱり休業したというニュースを、僕は人づてに聞いたので、そういう点では心配ですね。その気持ちが一番デカいですかね」

 ベッキーと最後に連絡を取ったのは1月中旬ぐらいだという。

 他方、内情を知る音楽関係者によれば、ベッキーが書いた妻への謝罪の手紙は、川谷が所属するスペースシャワー側に届いたものの、妻の手には渡っていないという。


<週刊文春2016年3月24日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:6月10日(金)16時46分

週刊文春

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊文春

文藝春秋

6月30日号
6月23日発売

定価400円(税込)

~本誌1300人緊急アンケートの結果は?~
都知事候補9人をどこよりも早く「身体検査」!

~ 祝・日米通算4257安打!~
イチロー父宣之さん独白60分 ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。