ここから本文です

横浜FMに“謎の外国人”到来。ルーマニア1部クラブが元蘭U-18代表FW放出を発表

フットボールチャンネル 3月24日(木)6時20分配信

 ルーマニア1部のFCボタシャニは23日、オランダ領キュラソー島代表FWクエンタン・マルティネスが横浜F・マリノスへ移籍すると発表した。

蘭2部クラブがド派手な演出! バレンタイン記念で選手が下着モデルと“手繋ぎ入場”

 マルティヌスはオランダ1部ヘーレンフェーンの下部組織で育ち、U-18オランダ代表選出経験がある。スパルタ・ロッテルダムへのレンタルやハンガリーのフェレンツバロシュ、オランダ2部エメンでのプレーを経て2014年からルーマニアのFCボタシャニに在籍し、生まれ故郷のキュラソー島代表を選択した。今季はリーグ戦19試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。

 左ウィングを中心にサイドでのプレーを得意とし、超絶技巧で相手DFを翻弄するドリブラーのマルティネス。183cmの長身を揺らしながら対峙する選手を手玉に取っていく強気のスタイルが持ち味だ。

 FCボタシャニの発表によれば、横浜FMで月給3万ドル(約340万円)を受け取るとのこと。オーナーのヴァレリウ・イフティム氏は今季末で切れる契約の延長を望んでいたとしながら「彼にとって日本はいいところ。効果的な選手ではないが、スペクタクル。我々にとって素晴らしい選手で、移籍は例外だった。欧州最高のリーグであるルーマニアではハードワークをして、ゴールを決めて、効果的でなくてはならない。日本でなら彼の価値を見せられるはず。あのトリックを初めて見た日本人は立ち上がって大きな拍手を送るだろう」と述べて退団を惜しんだ。

 先日フラメンゴからブラジル人FWカイケを獲得した横浜FMは今季3人目の外国人選手を迎え入れる。マルティヌスは懸案だったアデミウソンの抜けた穴を埋める存在になれるだろうか。

(文:舩木渉)

フットボールチャンネル

最終更新:3月24日(木)6時24分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!