ここから本文です

オランダの伝説ヨハン・クライフ氏が死去

フットボールチャンネル 3月24日(木)21時45分配信

 ヨハン・クライフ氏が24日バルセロナにて死去した。同氏の公式サイトが伝えている。68歳だった。

クライフ氏、“裏切り者”フィーゴ氏を擁護「彼のせいではなかった」

 クライフ氏はオランダ代表とアヤックス、バルセロナといったクラブで活躍。1974年ワールドカップではチームの中心として準優勝に貢献。指導者としても類稀な才能を発揮し、バルセロナでUEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を制覇。「トータル・フットボール」を志向したドリーム・チームを作り上げ、現代サッカーに大きな影響を与えた。

 2015年より肺癌を患っていることを明かし、闘病生活を送っていた。24日、公式サイトは「家族に囲まれて息を引き取った」と発表している。

フットボールチャンネル

最終更新:3月25日(金)7時8分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!