ここから本文です

クレスポの監督解任会見に妻が乱入 「クソッタレ!」とモデナ幹部を罵倒し、給与未払いを暴露

Soccer Magazine ZONE web 3月27日(日)14時40分配信

失意にまみれた元名FWの新人監督 セリエB18位と成績不振により解任

 元アルゼンチン代表のストライカー、エルナン・クレスポは今季からセリエBの監督に就任していたが、26日のカリアリ戦で敗れた後にあえなく解任となった。しかし、その記者会見の席にクレスポの妻が乱入して暴言を吐くなど、現場は大混乱に陥ったという。複数のイタリアメディアが伝えている。

「マラドーナ2世」の重圧を背負ったアルゼンチンの天才10人 英メディアがその成功度を採点

 イタリア地方都市モデナの地元紙「ガゼッタ・ディ・モデナ」では、クラブが公式にこのカリアリ戦後にクレスポを解任したことを報じた。現在22チームで争われているセリエBでモデナは18位。就任にあたって「ピッチを支配するグラウンダーでのパスサッカーを展開するんだ」と意気込んでいた新人監督は、思うような結果が出せなかった。

 このカリアリ戦も、先制点を挙げながらもアディッショナルタイムのみで2失点して逆転負けを喫するショッキングな内容だった。

 ACミランなどでプレーしたモデナのマッシモ・タイービSDは、試合後にイタリア衛星放送局「スカイ・スポーツ」のインタビューに応じ、「会長と私が話し合った決定を、クレスポ監督に伝えた。選手たちがメンタル面でうまくいっていないのは事実で、“ショック療法”が必要だ」と話した。

激怒した妻の暴言により現場は大混乱に

 ここまでなら、よくある元選手の新人監督が苦戦しただけの話になる。33試合で勝ち点35では解任も止むなしという面はあるだろう。しかし、試合後の記者会見でクレスポ監督が自身の口から解任されたことを発表している場で事件は起きた。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、クレスポの妻が前述のスカイ・スポーツによる生中継でタイービSDの言葉を聞き激怒。記者会見場に乱入し、暴言を吐いたという。

「彼は“サービス”で働かされたのよ。このクソッタレ!」

 激怒の妻により、まさかの給料未払い問題が同時に浮上。イタリアでもパルマやラツィオ、インテルなどで活躍した元ストライカーにとって、トップチームでの監督生活1年目は散々なものになってしまったようだ。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:3月27日(日)14時40分

Soccer Magazine ZONE web