ここから本文です

苦境の香川がゴール宣言! 背番号10の先輩に肩を並べる一撃を「次の試合で絶対に取りたい」

Soccer Magazine ZONE web 3月27日(日)23時40分配信

29日のシリア戦に4-2-3-1のトップ下で先発か

 日本代表MF香川真司(ドルトムント)が、29日に埼玉スタジアムで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終戦となるシリア戦で、背番号「10」の先輩MF中村俊輔(横浜FM)に肩を並べるゴールを決めると意欲を見せている。すでに最終予選進出を決めている日本にとっては首位通過の懸かる大事な一戦で、トップ下の位置から積極的に攻撃に絡みたいと宣言した。

【Photoギャラリー】写真で振り返るエース香川真司の栄光と挫折の軌跡

 5-0で快勝を収めた24日のアフガニスタン戦、長距離移動の疲労を考慮された香川はベンチスタートで、後半19分から途中出場した。この試合での日本は5得点を奪って大勝したとはいえ、相手の守備をなかなかこじ開けることができず、前半はFW岡崎慎司(レスター)が決めた1得点のみ。香川は29日のシリア戦では4-2-3-1システムのトップ下での先発も予想されている。日本の課題とも言える序盤の停滞を解消するため、自身が攻撃陣の旗手としてプレーしたいと意気込んだ。

「チームの最前線でゴールやアシストが求められるポジションだし、それをやる上でつなげていく過程が大切なので、よりボランチやサイドバックの周りの選手とコンビネーションしながら。サイドが起点になって攻撃が展開されているので。逆サイドだったり、両ウイング、サイドバックがどれだけ攻撃に絡めるか。そういう選手の動き出しの質や出し手の質も高めていきたい」

 今月17日には27歳を迎え、代表でも中堅の存在となった。「こういう時期でいろいろな経験をしてきた時に、一人の選手として成長している選手が多い。自分もいろいろな経験を踏まえて、チームで出来ることはいろいろとあると思う」と、マンチェスター・ユナイテッドやドルトムントといったビッグクラブでプレーしてきた経験をもとにさらにレベルアップし、代表にもうまく還元したいと力強く語った。

代表通算23得点 中村俊輔の記録にあと「1」

 代表通算78試合で、23得点を記録してきた香川。歴代記録ではFW高原直泰(沖縄SV)と並ぶ9位タイとなっている。そして、背番号「10」の前任者であるMF中村俊輔は24得点で、その記録にあと「1」と迫っている。昨年9月8日のW杯2次予選アフガニスタン戦以来の得点を決めれば、偉大な先輩に肩を並べる。本人も「もちろん結果が常に求められるポジションなので、次の試合で絶対に取りたい」と、得点に対する意欲も十分だ。

 2016年に入り、所属のドルトムントではベンチスタートの機会が増えるなど受難の時を迎えていた香川。それでも実力、実績ともに申し分なく、日本を支える存在であることに疑いの余地はない。同じく「背番号10」という重圧を背負い、代表を牽引してきたレフティーの背中を捉えることはできるのだろうか。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:3月27日(日)23時40分

Soccer Magazine ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]