ここから本文です

日本人エンジニアの覆面座談会 in シリコンバレー

Forbes JAPAN 3月27日(日)10時31分配信

今も昔も、シリコンバレーはエンジニアたちにとって憧れの地だ。多くのテクノロジーが日々生み出されている場所で働くのはどんな感じなのか。現地で長く暮らす日本人エンジニア4人による「覆面座談会」。

覆面座談会の参加者
Sさん / ビジネスソフト会社で品質管理担当。米大学院卒。現在4社目。
Mさん / ソフトウェアエンジニア。日本で就職後、アメリカに留学。現在3社目。
Oさん / 半導体関連企業のハードウェアエンジニア。米大学院に留学。現在1社目。
Nさん / スタートアップのUXデザイナー。日本の大学卒。現在3社目。

ーお忙しいなか、お集まりいただきありがとうございます。まずはこちらでの生活について話を聞かせてください。

M:最近、問題になっているのは、なんといっても家賃の高さ。サンフランシスコだと、2ベッドルーム(日本でいう2LDK)のアパートの家賃が平均で5,000ドル(約60万円)。それも数カ月前の情報なので、今ならもっと高くなっているかも。異常でしょ?

N:サンフランシスコの住宅価格はもうかなり限界までいってますよね。この5年のあいだに2倍とか。企業もどんどんサンフランシスコから出ていっている。こないだもUber(ウーバー)が対岸のオークランドにオフィスを開くという話が出ていました。あと会社ごと、シアトルとかポートランドとかに移転する動きも多いですよね。フェイスブックやアップル、グーグルもそっちの方で開発やデザインのオフィスを開いて、人を雇っている。

M:私のまわりでもポートランドに行く人がすごく多い!それで最近はポートランドの家賃が高くなっているとか。

S:うちの会社はもっと人を雇いたいんだけど、シリコンバレーでは大手に人をとられて見つからないから、最近はインドで採用しています。

N:成功している企業をみると、海外で開発をしているところは多いですよね。

M:うちの会社も東欧のポーランドに開発オフィスがあって、朝出社してパソコンを開くと、コードレビューがたまってる。せっかく前の晩に作ったのに、さっそく「ここを直して」ってきていて、もう24時間仕事が回ってる感じ。


ー転職事情はどうですか?

O:僕みたいなハードウェア系の人間はソフトウェアに比べたら、まだ転職のペースがゆっくりですね。

N:ソフトウェア業界は平均して14か月おきに転職するらしいですよ。転職の条件面がいいので。

M:転職すると給料が上がって、自分の肩書きも良くなるから、少し技術が身についたらすぐに転職する。あと同じ会社に長くいると、ソフトウェアエンジニアとして実力が伸びないということもある。

ー大卒エンジニアの初任給が年収1,000万円超というのは、みなさんから見て妥当だと思いますか?

M:それ言ったら、みんな真っ青になっちゃうよ~。

S:日本人は真面目だから、「給料に相当する仕事をしないと」って考えるけど、アメリカ人は「これだけお金もらってどれだけ楽するか」と考える(笑)。

M:年収が高いのは、基本的にはエンジニアの数が足りないから。モノを作るのってすごく時間がかかるし、人手も必要。設計書に書かれたスペックを使えるレベルまでもっていくのがエンジニアの仕事だけど、そのプロセスって本当に大変。

O:あと、求められる仕事のスピードがどんどん上がっているという理由もある。速く作らないといけないから、それだけ多くの人手が必要になる。

S:IoT(モノのインターネット化)も関連してるんじゃないかな。うちの会社がこないだ顧客向けに開いた会議でも、メーンテーマはIoTだった。これまでインターネットとはつながっていなかったモノにまでソフトフェアが搭載されるようになったから、市場自体が大きくなっているのは確か。


ー仕事の忙しさはどうですか? アップルやアマゾンのブラック企業ぶりはよく耳にしますが......。

M:私の旦那はずっと前、アップルに勤めていたけど、「あそこではもう絶対に働きたくない」って。

N:僕もアップルにいたことがあるんですが、朝7時に出社して家に帰るのが夜中の1~2時。土日もよく仕事していました。

M:それは異常!シリコンバレーではふつうそういう働き方はしない。だいたいみんな10~18時でしょ。

N:労働時間でいうと1日8時間くらいの人もいるけど、平均は9~10時間じゃないかな。開発チームは結構遅くまで働く人が多い。プランに合わせないといけないし、何か問題が発生したら時間がかかっても直さないといけないから。

S:その話で思い出すのが、うちの会社は1年くらい前に株式を公開したんだけど、社内で発表されたのがその1カ月前。それまでの3カ月間、僕ら社員は株式公開のことは知らされず、土日もずっと仕事させられてたんです。上からのプレッシャーがすごくて、なんでこんなに大変なんだろうって。で、僕が「もう辞める」と決心した週末の次の月曜に、社内で「株式公開します」というアナウンスがあって、結局とどまりました(笑)。その前に辞めていった人もぱらぱらといましたけど。

M:もったいない!私もストックオプション(自社株を一定価格で購入する権利)を持ってるけれど、株式公開したら一晩で10倍以上になった。スタートアップだとそういうことはよくある。私の旦那もスタートアップに勤めていたけど、グーグルに買収された。

S:僕が入社したのはラウンドBで、結局、ラウンドEのあとに株式を公開した。Eくらいになると、大企業が出資をしてくるから、ストックオプションの価格も上がって旨みがなくなる。

N:そういうときはRSU(制限付き株)に切り替えるというやり方があるんですよ。ストックオプションのような権利じゃなくて、実際の株を数年に分けてもらうという。


ー日本人エンジニアに対する評価はどうですか?

M:うーん、とくに何もないと思う。真面目だとは思われているけど。

O:コミュニケーション能力が低いというのは事実かな。

N:僕から見ても、それが一番もったいない。日本人はあまり自分をアピールしない。たとえ10の能力があっても2くらいしかできないって言ってしまう。そういうところはキャリアにも結構影響しますよね。実際、アメリカの企業でリーダーシップのポジションに就いている日本人はほとんどいない。

M:日本人は「言わなくても察して」という文化だけど、そういうのは通用しない。アメリカは「言った者勝ち」の世界だから。でも言ったら話を聞いてくれる。通るか通らないかは別だけど、話を一応聞いてくれる。それはアメリカのいいところだと思う。

O:給料もふつうに交渉しますしね。

M:絶対するでしょ! 私なんていつもしてる。

S:よくあるのは、同時に数社からオファーをもらって、「ほかの会社はこれくらいの給料を提示しているんだからもっと上げてくれ」と、交渉するやり方。

N:あと、1つの会社だけからオファーをもらっているなら、これから自分がやりたい仕事とか、会社にどう貢献できるかを話して、それに見合った給料を出してくれという説得の仕方もある。

O:僕は以前、スタートアップから内定をもらったことがあるんです。スタートアップってお金がないので高い給料を出せないもの。で、相手から「どれくらいほしい?」って聞かれて、僕はかなり背伸びをした額を提示したんです。そうしたら「あ、それでいいんだ」って言われて、「しまった」と思いました。結局、その会社には入らなかったんですけどね。

N:スタートアップの場合は、そこまで最初の給料の額は気にしなくてもいいんです。株さえたくさんもらっておけば。会社にもよりますが、ストックオプションだと安く買えるので、それを売って儲けるというのが一般的。あと会社が大きくなるにしたがって、給与の見直しも必ずあるので。

M:私、見直しですごく給与が上がったことがある。30%くらいかな。「やったー」って。頼んでもいないのに。


ーシリコンバレーで働く醍醐味はどこにありますか?

N:世の中のスタンダードを変えていけるってことですね。最近だとウーバーとかエアビーアンドビーとか、新しいシェアリングビジネスが生まれて、法律が変わり、人々の生き方まで変わっていく。今ではサンフランシスコで車をもつ人はほとんどいなくなった。そんなふうに以前は当たり前だったことがどんどん変わっていく。

M:確かに、車をもつ人は減ったよね。遠くに行きたければレンタルすればいいだけだし。

S:あと、こちらにいないと最先端のテクノロジーに触れられない。シリコンバレーに比べて日本のテクノロジーは遅れてますよね。日本企業はリスクをとらないんで。ときどき日本からお客様が来るんですけど、うちの会社のテクノロジーを使うのに「ユースケース(導入例)をくれ」って言うんですよ。導入して本当に大丈夫なのかと。自分たちが最初の利用者になるリスクをとりたくないんです。でもそんなことをしているから、日本だけ2~3年遅れてしまう。

M:日本らしい~。

S:あとこっちで働くもうひとつの魅力は、人間関係が崩れても、ほかの会社にすぐに移れること。逃げ場がある。僕は2つ目の会社を半年くらいで辞めたけど、上司が変な人でうまくいかなかった。日本だと上司を選べないけど、こっちだと選べる。

O:アメリカの採用システムでいいなと思うのは、上司となる人が自分を採用するかどうかを決めること。日本だと人事が決めるから、上司と触れ合う機会もないまま入社して一緒に仕事をすることになる。こちらだと面接のときから上司がいろいろ質問をしてきて、自分にも上司を知る機会がある。すごく合理的なやり方だと思う。

S:入社時点で役職や仕事内容が決まっているから、入ってから思っていたのと違う仕事をさせられるということはほとんどないよね。

M:あと日本と比べて大きく違うのは、女性だからって仕事で不利にならない。日本では現実問題として、ある程度年齢のいった女性が仕事を見つけるのは大変。でも、こっちでは実力さえあれば関係ない。だから女性でやる気があるなら、こっちは働きやすいと思う。

N:女性にもチャンスはありますが、アメリカにも男女差別というのはある。同じ仕事内容でも女性の給料は70%くらいなのが現実。

M:あと日本と違って、こっちは働き場所も結構融通が利く。私は今、通勤に1時間半かかるので、週に2日は完全に自宅で仕事をしています。エンジニアはコンピュータがあれば、基本的にどこでも仕事ができるから。

N:僕の同僚もクロアチアから遠隔で仕事をしている人がいる。

M:うちもオーストラリアに1人いる!


ー逆に、シリコンバレーのここがきついというところは?

M:ソフトウェアはテクノロジーの流行り廃りが激しいですよね。たとえばプログラミング言語でいうと、JavaScriptのこのフレームワークがホットだとか。みんなすぐに飛びつくけど、2~3年したらあれはどこへ行ったの、みたいな。そのへんの移り変わりが激しくて、もうちょっとみんな落ち着こうよ、と思う。

N:ハードウェアならアメリカよりも日本の方が優れていると思う。何年もかけて技術を洗練させて、簡単にはマネのできないモノを作っている。長年使っても壊れないし。

M:アップルの製品にも日本の部品がたくさん使われているもんね。

O:ひとつ困るのが、アメリカでは知識の伝承がないということ。人が流動的なので、何か問題が起きたとき、誰かその問題について詳しい人に相談しようと思っても、その人がもう会社を移っていて相談できないということが多々ある。

M:本当にそう!このコードを書いた人はどこにいるの、って。会社を辞めるときに引き継ぎも一応あるけど、ふつう2週間くらいだから表面的なのよね。

S:アメリカ企業も人材の流出には苦労しています。採用するのにもコストがかかるので。数年前にアップルやグーグル、アドビなどの大手数社が「互いのエンジニアを引き抜かない」という密約を交わしたこともあるくらい。あとでバレて従業員たちに訴えられましたけど。

N:今働いている社員の給料を上げた方が、新たに人を雇って教育するよりも安く済むんですけどね。離職率を抑えるのにアメリカの企業も苦労しているけど、なかなか下がらない。そういう僕たちもみんな転職しているし。

M:でもみんなすごい。シリコンバレーでやっていくって、誰でもできることじゃない。私、学生のときからこっちにいるから、日本に帰った人もたくさん見てきた。ビザがとれなかったとか、就職先が見つからなかったとか、景気が悪くてクビになったとか。それに運もある。でもこちらで長く働いている人はそれなりに頑張っている人たちだと思う。

ー今日はみなさん、貴重なお話をありがとうございました。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:3月27日(日)10時31分

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2016年6月号

株式会社アトミックスメディア

2016年6月号
4月25日発売

890円(税込)

AI、IoT、ロボットから宇宙まで
「革命的テクノロジー」大特集‼︎
ゴールドマン・サックスの新戦略
十人十色の“スーツ”の着こなし

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

エイソー・ベンダーが実現する「超人ハルク」
バークレー・バイオニクスのエイソー・ベンダーが、HULCとeLEGSの2つのエクソスケルトンとともに登場します。近い将来、このロボットを人が身に着けることで200ポンドもの重さを軽々と運べたり、車椅子を使う人が立って歩けるようになります。私たち人間の可能性を開花させる力強いデモンストレーションをご覧下さい。[new]