ここから本文です

宅配便ドライバーの「嫌いな客」って、どんな客?

週刊SPA! 3月28日(月)9時21分配信

「好かれる客/嫌われる客」を探るべく、プロの本音に迫るシリーズ。今回は「宅配便のドライバー」。あなたも気づかぬうちに迷惑客になっているかも?

【宅配便のドライバーに好かれる客/嫌われる客】

「宅配便のドライバーはみんな時間に追われてるから、発送にしろ、受け取りにしろ、スムーズなお客さんは本当にありがたい」と語るのは、宅配便業者のドライバー。特に助かるのは、事前にハンコを用意してくれる客だとか。

「指定どおりの時間に行って、すぐにハンコを押して受け取ってくれると配達の時間がかなり短縮される。集荷のとき、荷物を玄関先に運んで伝票に記入してあるだけでも、いい人だなと思う」

 いっぽう、嫌われる客の理由となっているのは、配達時間に関すること。

「宅配ボックスがあるのに、わざわざ時間指定をされると、『なんのためにあるんだよ!』って言いたくなる。あと、時間を指定するクセに不在のヤツも多くてしんどい。簡単に予約できるようになったから、また指定すればいいやと思ってんだろうけど、配達時間がズレると、ほかのお客さんにも怒られるハメになるんすよね」

 いくら便利になれど、運ぶのは人間だということを肝に銘じたい。

◯ 事前にハンコなどを用意している客

× 宅配ボックスを使わず時間を指定する客

― 店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客] ―

日刊SPA!

最終更新:3月28日(月)9時21分

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年6月7日号
05月31日発売

¥390

・40~50代を襲う[親子破産]
・一流企業の社内恋愛&不倫バラします
・2016年上半期[裏ニュース]ベスト10
・[今どきの常識]どっちが正解なのか?

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます[new]