ここから本文です

香取慎吾、主演ドラマ打ち上げで「自殺しているかも」

週刊女性PRIME 3月30日(水)5時0分配信

 

 視聴率的には苦戦した作品が多かった冬ドラマ。しかし、打ち上げではそれぞれの出演者たちが、楽しい素顔を見せてくれた。

 3月中旬の夜、『お義父さんと呼ばせて』(フジ系)の打ち上げパーティーが東京・西麻布で開催された。

「交差点を歩いていて、やけに目立つふたりがいると思ったら、渡部篤郎さんと山崎育三郎さんでした。ふたりとも変装なしだったので、さらにビックリ!」(目撃したOL)

 少々酔っぱらった遠藤は渡部と肩を組み、誰かれかまわず握手したり、ご機嫌な様子だった。

 そして朝ドラで大ブレイクした香港からの“逆輸入”俳優ディーン・フジオカは、深田恭子主演『ダメな私に恋してください』(TBS系)の打ち上げに参加。

「ゲーム大会でディーンさんから提供されたのは香港、じゃなくて台湾旅行のチケットでした(笑い)」(会の参加者)

 六本木のホテルで開催されたのは『家族ノカタチ』(TBS系)の打ち上げ。

「ドラマの現場を楽しいと思ったことは1度もなかった。“早く終わらないかな”と思っていた。でも今回、初めて終わってほしくないと思いました。SMAPとしていろいろあった時期に、キャストやスタッフの方たちに気を遣っていただいて感謝しています。正直、明日どうなるかわかりません。もしかしたら自殺しているかもしれないですね」

 そう挨拶をしたのは主演の香取慎吾。SMAP解散騒動中に撮影されたドラマは、現実から目を背けさせてくれたのかもしれない。

「冗談っぽくでしたが、“自殺”という言葉にはドキリとしましたね。でも、その後はずっと笑顔だったので安心しました。ビンゴ大会では、香取さんはサンフランシスコまでの往復航空券を景品に出すなど大盤振る舞い。3次会でも “まだ行くぞ!”とノリノリ」(テレビ局関係者)

最終更新:3月31日(木)10時1分

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7月19日発売
毎週火曜日発売

定価390円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の記事内容ほかPRIME独自の記事を読むことができます。