ここから本文です

松田龍平がフジ“木10”ドラマで松嶋菜々子と初共演

Smartザテレビジョン 6/6(月) 20:51配信

松嶋菜々子が主演を務める7月スタートのフジテレビ系“木10”枠ドラマ「営業部長 吉良奈津子」に、松田龍平の出演が決定した。松田にとっては連続テレビ小説「あまちゃん」('13年、NHK総合ほか)以来、約3年ぶりの連続ドラマ出演で、主演の松嶋とは今作で初共演になる。

同作は、売れっ子クリエーティブディレクターとして活躍してきた主人公・吉良奈津子(松嶋)が、40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て、3年ぶりに職場復帰したことをきっかけに、次から次へと発生していく問題に正面から向き合いながら、仕事と家庭を両立させるため奮闘する姿を描く“女の戦いと再生”の物語。

いわば“産後復帰した女性が働く”ということを真っすぐに描いた作品となる。

松田が演じる高木啓介は、業界大手の広告代理店「東邦広告」のクリエーティブ局に勤務する優秀なクリエーティブディレクター。

若くして、大手クライアントのクリエーティブディレクターを任される才能の持ち主だが、新人時代に当時バリバリのクリエーティブディレクターだった奈津子の下で担当した“ある仕事”で、辛酸をなめさせられた経験を持つ。

そんな中で復帰してきた奈津子には、いまだに笑顔で乗り切れると思っている勘違いぶり、時代錯誤なところが気に入らず厳しい言葉をかけるが、一方では心のどこかで成長した姿を見せつけたいと思っている、という役どころだ。

復帰した奈津子とさまざまな局面でぶつかり合う高木は、彼女とバディになるのか…。二人の関係性がどうなっていくのか、注目が集まる。

松田の起用について、プロデューサーの三竿玲子氏は「時に見せる無邪気な表情が、このドラマをチャーミングに彩ってくれる」と期待を寄せた。

一方、松田は「今回、僕が演じる役は広告代理店のクリエーティブディレクターということで、クリエーターとしてのこだわりと、クライアントの思いの狭間を漂いたいと思います。松嶋菜々子さんとは初めての共演ですね、今から撮影が楽しみです。久々の連続ドラマ出演になるので、体調を崩さないよう、良く食べ、良く寝て撮影に挑みたいと思います」と語った。

最終更新:6/6(月) 20:51

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。