ここから本文です

EUROに迫るテロの脅威… 大会期間中に15件のテロを計画したフランス人が先月逮捕

Football ZONE web 6/6(月) 22:15配信

欧州メディアが一斉に報じる ウクライナとポーランドの国境で逮捕

 大惨劇が寸でのところで食い止められたのかもしれない。6月10日に開幕する欧州選手権(EURO)の大会直前から期間中にかけて、フランス国内で15件のテロ活動を計画していたフランス人が先月21日にウクライナとポーランドの国境で逮捕されていたことが明らかになった。英国営放送「BBC」など、欧州メディアが一斉に報じている。

 同局によると、ウクライナ当局は昨年12月からこの男をマークし、車からは125キロという大量のTNT火薬や、カラシニコフ5丁、対戦車砲、100個に及ぶ起爆装置などが押収されたという。テロの標的としていたのは橋や鉄道のほか、このEUROにおける大会関連施設とも、イスラムの宗教施設とも伝えられている。極右的思想に基づくフランス政府への不満が動機とされている。

 フランス当局は、EUROがイスラム過激派によるテロの標的となり得ることを懸念するなか、高度なセキュリティーが必要だと警戒の対象にしている。フランソワ・オランド大統領は、「脅威が存在する」ということを認めたうえで、「フランスは怯むべきではない」と5日の日曜日に声明を発した。

昨年11月のパリ同時多発テロでも標的に

 昨年11月にはパリ市内のサンドニ・スタジアムで、フランスとドイツの国際親善試合が行われている最中に、パリで同時多発テロが発生。スタジアムも標的になり、爆発も起こり死傷者を出した。当時から、EUROの安全面や開催の是非について議論もあったが、予定通りに開催されることが決まった。その一方で、現実に大会がテロのターゲットの一つになっていたことが明らかになった。

 不安が残るなか、開幕まであと数日になった。サッカーにおける欧州の頂点を決めるビッグトーナメントが、ピッチ外の凶悪な事件に脅かされることなく無事に終了することを願いたい。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/6(月) 22:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。