ここから本文です

蛭子能収「僕の場合には嘘を言っていた方がいい(笑)」

BEST TIMES 6/7(火) 12:00配信

「感情を揺さぶる30問30答。」第五回は、蛭子能収さん!  漫画家・タレント・俳優(6月には主演映画も公開)として活躍を続ける蛭子さん。自由奔放な発言に隠された、仕事や家庭に対するこだわり、哲学を聞いていきます。Q7.今でも、タレントを続けられる秘訣とは? 

テレビというのは正直な事を言うのはむずかしいですよね

  自分はちゃんと使われている身だというのを把握して、ディレクターなりプロデューサーさんの言う通りに動くということだと思います。余計にでしゃばったりしない、ということ。漫画とかやったら自分の考えで書くじゃないですか。
   だけどもテレビとかは自分の考え通りにはいかないんですよね。自分の台本じゃないから。

 「よく使われるね」「長く活躍されてますね」とか言われたりするんですけど、ディレクターとかプロデューサーが使いやすいんだと思います。特に提案もしないし、言われたとおりにやるので(笑)。
   中には中居正広さんみたいに、自分から積極的に台本にないこと喋ったりしてウケる人もいますけれど、あれは相当の才能がいると思います。
   俺はそっちの方の才能がないので、使われるままの方がいいのかなと。

   でも自分がタレントとして食べれてるというのは若い時は考えられなかったですね。
   なるべく自分の思ったことを正直に言いたいんですけど、やっぱりテレビというのは、すべてを正直に言うのはむずかしいですよね。
   嘘を言うというのはすごく嫌なんですけど、「嘘も方便」というくらいで、僕の場合には嘘を言っていた方がいいのかなというのも時にはありますね。やっぱり正直に言って、女房にすごく怒られたことも何回かありますので。「正直に自分の持ち金を言うな」とか(笑)。
   やっぱり色々波紋が起きたりするので。

   この先もし仕事が減ってきたら、自分はもうダメになったんだなというのを把握して、静かに消えていけばいいんじゃないですかね。
   もともとタレント志望でもないですから。
 「芸風を変える」とかそういうタイプじゃないですよ。
  漫画とかイラストの仕事もありますので、そっちのほうに移行すればいいんじゃないですかね。

明日の第八回の質問は『ブラック発言のイメージが強いが、困ることはない?』です。

 

取材・文 大坪ケムタ / 写真 簗田郁子

最終更新:6/7(火) 12:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

BEST TIMESの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。