ここから本文です

白熱の正GK争いのなかで西川がライバルへの想いを吐露。「永嗣さんは本当にレベルが高い」

SOCCER DIGEST Web 6/7(火) 11:00配信

決勝のボスニア戦では先発の可能性は十分。

[キリンカップ]日本代表 - ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
6月7日/市立吹田サッカースタジアム

【キリンカップPHOTOハイライト】 香川、吉田が2ゴールを挙げるなど、日本がブルガリア相手に7得点の快勝


 現在のハリルジャパンに、“正GK”という存在はいない。
 
「誰が優先順位の1位かというのは、最終予選にかけてもまだまだ発展があると思います」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)
 
 今回のキリンカップには、川島永嗣、西川周作、東口順昭の3人が選ばれ、初戦のブルガリア戦には川島がフル出場を果たした。
 
 川島は一時期、所属クラブを失い、代表からも遠ざかっていたが、その間、レギュラーとしてゴールマウスに立っていたのが西川だ。ボスニア・ヘルツェゴビナとの決勝に先発する可能性は十分にあるが、熾烈な守護神争いを西川はどう受け止めているのか。
 
「常に刺激を受けながら、代表ではトレーニングができているし、代表に来ることによって、意識も高まる」
 
 西川にとって川島は、「自分が経験していないことをたくさん経験している。永嗣さんは本当にレベルが高い先輩」だという。川島だけでなく、「永嗣さんや東口(順昭)とトレーニングすることで、自分ももっと上手くなりたいと純粋に思う」と、上を目指そうという気持ちがさらに強くなっているようだ。
 
 物腰は柔らかく、穏やかに語る西川は、たったひとつしかないポジションを勝ち取るために、鍛練を積み、そして自らのさらなる成長を楽しみにしている。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/7(火) 12:21

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。