ここから本文です

インテルの買収額は約850億円!中国資本の爆買いを、イタリア国営放送も「大きな時代の転換点」と伝える

SOCCER DIGEST Web 6/7(火) 15:16配信

蘇寧グループが、クラブ株式の68.55%を取得。モラッティ前会長がクラブ経営から完全に離れる。

 欧州サッカー界における中国資本による“爆買い”は、ついに名門インテルをも呑みこんだ。
 
 6月6日、中国の蘇寧電器グループは、本拠を置く南京でインテルのクラブ株式68.55%の取得、経営権を掌握したことを正式発表した。買収額は、現地報道によれば、7億ユーロ(約850億円)と見られている。
 
 新オーナーであるグループの総帥、張近東(チャン・ジンドン)は、「インテルを再び世界の頂点に導く」と高らかに宣言した。
 
「世界一のクラブになったこともあるインテルの歴史の一部となったことに、非常に感激している。蘇寧グループはサッカー界に進出してまだ1年だが、今、名門インテルを手に入れた。インテルは今こそ、欧州のトップクラブへ返り咲く時だ。インテルはより強く、より威風堂々としたクラブになるだろう」
 
 会見にはエリック・トヒル会長以下、サネッティ副会長らインテルの経営幹部が一同に出席。壇上での挨拶の後、新オーナーとの乾杯に応じた。トヒル会長はしばらく現職に留まるが、自身が所有する残り31%のクラブ株式も早期に蘇寧側へ譲渡され、会長職も退く見込み。同時に、長くインテルの顔でもあったモラッティ前会長がクラブ経営から完全に離れることも発表された。
 
 蘇寧グループは、家電製造販売とネットショッピングを手掛け、グループ全体で年商176億ドルを誇る巨大企業。中国超級リーグの江蘇蘇寧の親会社でもある。
 
 米経済誌『フォーブス』による世界富豪ランキング403位のグループ総帥、張近東の個人資産は39億ドルに上るとされる。新オーナーがサッカー界にかける野心は大きい。
 
「我々の戦略は、今後5年の間にスポーツ界のトップリーダーとなることだ。世界のサッカー市場の拡大に手を貸したい。中国国内での目覚ましいサッカー人気の上昇がインテル買収の決断を後押しした。セリエAや欧州サッカーへの人気は、中国超級リーグに寄せられる関心よりはるかに高い」
 
 記者会見は南京市内の高級ホテルで行なわれ、インテル幹部や中国サッカー協会の要人を招いて、盛大に催された。万里の長城とミラノのドゥオーモをイメージしたPVが披露され、「Noi siamo l’Inter, fratelli del mondo (我等インテル、世界の兄弟)」とのスローガンが掲げられた一大式典の模様は、インテル・チャンネルで生中継されただけでなく、衛星放送『SKYイタリア』や国営放送RAIも昼のトップニュースで報じ、「大きな時代の転換点」と伝えられた。
 

【総体】月曜日の予選結果を速報! 東福岡、静岡学園、滝川二、青森山田、星稜など32の代表校が決定

1/2ページ

最終更新:6/7(火) 15:18

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。