ここから本文です

ナジャ「見どころは、ギリギリの下ネタです!」

Smartザテレビジョン 6/8(水) 5:00配信

現在放送中のバラエティー番組「有吉弘行のダレトク!?」(毎週火曜夜11:00-11:30フジテレビ系)に、準レギュラーとして出演するナジャ・グランディーバを直撃。番組MCの有吉弘行、アシスタントの高橋真麻とのエピソードや、番組の見どころなどを聞いた。

【写真を見る】ナジャは「一番印象に残っている芸人さんはダントツ1位でザキヤマ(山崎弘也)さん!」と即答

――準レギュラーとしてご出演されていますが、これまでを振り返ってみていかがですか?

「芸人さんてすごいな」ということを一番感じています。皆さんトークがすごい! 私、大阪の店で働いている時は、一番トークができていたと思っててんけど、「やっぱり上には上がおるな」って思い知らされた感じです。

最近は慣れてきたけど、(トークに)入っていけない時とかもありましたね。芸人さん同士のやりとりが面白過ぎて、自分もお客みたいに「面白いな」って見て終っている時もあったから…。この番組に出るようになって、プロの世界のすごさを思い知ったという感じかな。

――番組ゲストの中で印象に残っている芸人さんはいらっしゃいますか?

一番印象に残っているのは、間違いなくザキヤマ(山崎弘也)さんかな。収録スケジュールが届いて、ザキヤマさんと一緒だったら「あ、仕事できないな」ってまずそう思う(笑)。

「トークに入っていけるかな…」って。むしろ、ザキヤマさんと出たときに、一緒にしっかりお話ができれば「もうこれは芸能界でやっていけるな」と自分の中では思ってるんです。でも、ザキヤマさんと一緒だとまだ入っていけない。テンポも速いし、他の芸人さんとのやりとりみたいなものが出来上がっているから。なので、ザキヤマさんは印象に残っている芸人さんダントツ1位です!

――MC有吉さんに対する印象についてお聞かせください。

テレビで見ていた時とイメージはそんなに変わってない。毒を吐いてはっきり物事を言うイメージやったけど、やっぱりその通りかなと思いましたね。

――ナジャさんも毒を吐いたりしますか?

マツコ(・デラックス)にしろ、ミッツ(・マングローブ)にしろ、“お姉キャラ=毒を吐く”みたいな感じで、私も毒を吐くことを求められますね。でも、自分ではあまり毒を吐いてるつもりもないし、しかも毒を吐くのがあまり得意ではないと思ってる。毒が思い付かないというか、ダメ出しとかできないんですよ。

――結構、周りの方から番組に対する反応もあるんですか?

「キモうまグルメ」のコーナーは、「ほんまにおいしかった? まずかった?」って放送の後に聞かれる。きょうの収録でもすごいものを食べたから、間違いなく何人かメールしてくると思う(笑)。私、こんなに“キモうまグルメ”を試食してきて、飲み込めなかったのは今回が初めてだった。

――他に、思い出に残っている回や企画、VTRなどはありますか?

放送が開始されてすぐくらいにミッツと出た時があって。その時に初めてスタジオが下ネタみたいな方に走って、それからこの番組は下ネタの方にいくようになったと思う(笑)。

あと、変わった魚を捕りにいく企画もあるんですけど、「スタッフ大変なんやろな」と思っていつも見てる。その生き物を見つけてくるのもすごいし、それを調べて手に入れるスタッフの入れ込み具合に驚く。

――企画といえば、「ダレトク!? 3分間クッキング」のコーナーもありますが、ナジャさんは料理などされますか?

お料理は全くしないです。女子力が高いと思われてるけど、お料理もしないし、基礎化粧も全然800円の乳液使ってるだけやし…シャンプーも使わないんです! 頭の先から足の先まで、牛乳せっけんです。美意識はあって、洋服とか髪形にこだわりはあるんですけど、料理とか基礎化粧とかには全く興味がないんですよ。

化粧落としたら、普通の男に戻ってるから、その切り替えができてるんです!

――最近思った「ダレトク!?」みたいなエピソードはありますか?

ミッツが、魚飼っててんけど、それが風邪ひいて死んじゃったていう。“ベタ”かなんかの魚を急に飼いだしてて、それを家に帰って眺めてたらしいんだけど、それが急に「風邪ひいてるのよ、あの子が」って言って薬をあげるからって言って帰るようになって。大体東京に来たら一緒に遊んだりするんだけど、それが亡くなられはったって。一瞬は落ち込んでたけど、この前大阪で会った時はもう立ち直ってた。魚も風邪ひくんかなーって思った(笑)。

――最後に番組の見どころをお願いします。

結構ギリギリの下ネタとかも言っているところです。それが他の番組にはないいいところかなと思っています。

あと、有吉さんと高橋真麻の「実はこれデキてるんちゃうかな」っていうやりとりを見ているのが私は好きなんですよ。なんかほのぼのするというか。さらに、そこに下ネタとか入ってきたりして、真麻の照れ具合とか、お嬢さま育ちの人がこんな扱いされて…というところも見どころじゃないですかね。そこが見てて一番楽しいと思います!

最終更新:6/8(水) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。