ここから本文です

コブクロ、新アルバム視聴会で楽曲に込めた思い語る 「“10年先”と書けた時は幸せだなと思った」

リアルサウンド 6/8(水) 0:32配信

 コブクロが、6月7日に都内某所にて『「TIMELESS WORLD」スペシャル視聴会』を開催した。

 同イベントは、6月15日にリリースするアルバム『TIMELESS WORLD』の発売を前に、ファンクラブ会員を対象に選ばれたファン80名を迎えて行われたもの。

 コブクロの2人が緊張した様子でステージに登場すると、その距離の近さにファンからの歓声が沸いた。黒田俊介が、「小渕(健太郎)さんお洒落やなぁと思って。こんな薄手の生地見たことない!」とのっけから小渕に絡むと、「どこにでもあるわ! 大体、俺の服弄る時は緊張してる時やもんな」と小渕が言い返し、イベント序盤から会場にいるファンを笑いに包んだ。

 ライブパフォーマンスでは、映画『orange』の主題歌「未来」をピアノの演奏にあわせ披露。2人の力強く美しいハーモニーで会場を魅了した。次に披露するアルバム収録曲「STAGE」について小渕が、「僕らは今こうしてステージに立たせてもらってますけど、ステージがないストリートから始まりました。あの頃を思い出して作ったのがこの『STAGE』です。今年の年末もツアー(『KOBUKURO LIVE TOUR 2016“TIMELESS WORLD”』)に出ますが、ライブのステージを支えてくれる4つの柱が、支えてくれる人、ファンのみなさん、家族、仲間だと思って、その上で歌える幸せをこの歌にすべてを込めました」と楽曲に込めた思いを明かし、この日初披露となる「STAGE」を歌唱した。

 イベント後半では、前作より約2年半ぶりとなるアルバム『TIMELESS WORLD』にまつわる特別視聴会がスタート。TVスポットの初解禁や、約10年前にリリースしたアルバム『NAMELESS WORLD』と今回のアルバムジャケットがリンクすること、アーティスト写真も約10年前と同じ構図で撮影されたというエピソードなどが明かされ、アルバム楽曲紹介へ。『ロッテ Ghana』CMソングであり、爽やかかつ切ないメロディーの「hana」、小渕がメロディーを作った時点で黒田が「詞が楽しみだな」と意気投合したという「陽だまりの道」、命の在り方をもっともっと前向きに書きたいと作詞した「奇跡」、『JR西日本』のタイアップソングであり、MVでは実際に神戸から鹿児島までストリートライブをしに行ったという「何故、旅をするのだろう」の4曲を紹介した。

 今回のアルバムタイトルのキーにもなった「未来」について黒田が、「たまたま10年前に出したシングルが『桜』で、カップリングが『今と未来を繋ぐもの』。今回が『未来』でしょ。『桜』のMVは桜中学(足立区立第二中学校)っていうところで撮ったんですけど、それが今、(東京)未来大学っていう名前になってるんですよ!」と驚きのエピソードを話すと、会場は大きくどよめいた。“10年”という月日に絡めて小渕は、この日披露した「STAGE」について、「『10年前はどうだった』という(過去の)話をずっとしてきたんですけど、歌詞の中に“10年先”っていう言葉をパッと書けた時は本当に幸せだなと思いましたね」と感慨深げに語った。

 イベントラストには、黒田が「これ(マイクなしでも)届くんじゃないですか?」と滅多にないファンとの近さにマイクなしで語り始め、「またやりたいですね」と2人が小規模でのイベント開催を熱望すると、ファンからは拍手が起こった。コブクロは、アルバム発売日前日である6月14日には『orange』の縁の地、長野県松本市にある松本城 本丸庭園にてフリーライブを開催。8月27日の北海道・札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナを皮切りに『KOBUKURO LIVE TOUR 2016“TIMELESS WORLD” supported by Ghana』を行う。

渡辺彰浩

最終更新:6/8(水) 0:32

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。