ここから本文です

AKB48 小嶋真子、学生時代の男友達に未練? 「バイバイしてから1回も会わないのは寂しい」

リアルサウンド 6/8(水) 11:30配信

 『AKBINGO!』の6月8日放送分では、AKB48のメンバーが『輝け! 第4回コイウタ大賞』を行った。

 同企画は、自らの恋愛体験や妄想をもとにAKBグループのメンバーが恋愛ソングを作詞。それにあわせ、歌ネタを得意とするどぶろっく、はなわが楽曲を制作するというもの。作詞には田野優花、小嶋真子、田中菜津美(HKT48)、西野未姫の4人が挑戦した。

 まずは、小嶋がはなわのサポートを受け、小学生の頃に転校した男友達への思いを綴った、半分が実体験であり半分妄想だという楽曲「友達だったはずなのに」を歌い上げた。歌唱後、歌詞のリアリティーにバッドボーイズ・佐田正樹が「これは妄想違うやろ!」とツッコミを入れると小嶋は「小学校の仲良しグループから1人が転校したっていうとこまでが本当ですよ」とニヤニヤしながら返答。これに対し岡田奈々が、「本当なんじゃないかな」とコメントすると、小嶋は「ちょっと! なんでよ……」と恥ずかしそうに俯いた。それにすかさず佐田が「照れてるやん! こいつめちゃくちゃ女出してるやん!」と叫ぶとスタジオが笑いに包まれた。小嶋は、「転校が突然だったんで、バイバイしてから1回も会わないのは寂しいなと思いました。それ以来連絡も取ってないので」と明かすと、北原里英が「『AKBINGO!』で会うべきなんじゃないですか?」と笑みを浮かべながら提案する一幕もあった。

 番組後半では、西野が「初めての告白」というタイトルで、小学6年生の頃にロシア生まれのハーフのイケメン男子にロシア語で告白したことを歌唱した。込山榛香は曲の感想を「初めて2人で遊んだ日なのに1時間以上この話を自慢気にしてきて、その時はどうでもいいと思ったんですけど歌にするとすごいイイ!」と絶賛した。

 ほかにも、どぶろっくのサポートを受け、田中は「あなたを好きな理由」、田野が「初めてのジェラシー」を歌唱。優勝者には小嶋が選ばれた。また、ラストには8年間番組のMCを務めたバッドボーイズが、次回の放送を持って番組から卒業することが発表された。次回は『バッドボーイズ卒業記念SP』がオンエアされる予定だ。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/8(水) 11:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。