ここから本文です

レスター岡崎が号泣FW浅野に緊急提言! 消極的横パスの改善には「海外に行くしかない」

Football ZONE web 6/8(水) 22:54配信

脆弱性を示したデュエル改善には「球際の激しいところでプレーすればレベル上がる」

 プレミアリーグを制した男の言葉には強い説得力が感じられた。ハリルジャパンは7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、守備陣のデュエルにおける脆弱性とFW浅野拓磨(広島)の同点機での消極的な横パスなど課題が露呈したが、日本代表FW岡崎慎司(レスター)が課題克服のために国内組に海外移籍を提言している。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 岡崎も先発出場した7日のキリンカップ決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で日本は、前半28分にMF清武弘嗣(ハノーバー)のゴールで幸先良く先制しながら、バヒド・ハリルホジッチ監督が強調するデュエル(1対1の競り合い)での脆弱性を、フィジカルに優れるボスニア相手に露呈。不用意な守備からの失点と決定力不足を露呈し、1-2の逆転負けを喫した。7-2で大勝した3日のブルガリア戦では開始3分に電光石火のヘディング弾を決めた岡崎も、この日は沈黙。代表通算49得点を誇るエースも決定力の向上は永遠の課題と指摘し、決定力不足とデュエルの面でレベルアップするためには、海外リーグ挑戦が近道になると指摘している。

「(シュートの課題は変わらずだが)まあ、でもそれは日本人にない部分なので。それを感じるのは当然のこと。(解決のために)一つのプランでいうと海外に行くこと。もう一つはCBが早くそのレベルに行くというのもデカいかな。それくらい球際のところで激しくプレーすればレベルが上がるはず」

 ボスニア戦では1-2のビハインドで迎えた後半ロスタイムに、FW浅野拓磨(広島)がエリア内右でチャンスを迎えたが、シュートではなくゴール前へのパスを選択。しかしパスはDFにクリアされると、こぼれ球を詰めた清武のシュートも枠を大きく外れて同点のチャンスをフイにした。浅野は試合後に悔し涙を流したが、岡崎はシュートへの強い意識を持たなければ成長はないと厳しくダメ出し。次世代の選手たちに向けては、海外仕様への意識改革が必要だと説いている。

1/2ページ

最終更新:6/8(水) 22:54

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。