ここから本文です

吉田が悔やんだ敗戦の理由とは? 「また同じことを繰り返してしまった」

SOCCER DIGEST Web 6/8(水) 0:19配信

長身FWジュリッチに対応し切れず…。

[キリンカップ]日本代表1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
6月7日/市立吹田サッカースタジアム
 
 キリンカップの決勝戦としてボスニア・ヘルツェゴビナと対戦した日本は、清武のゴールで先制するも、直後に199センチの長身を誇る相手エースのジュリッチに同点弾を奪われると、66分にも再びジュリッチに決められ1-2で敗戦。積年の課題である大型FWへの対応の甘さをまたも露呈する結果となった。



 
 先週金曜日、7-2で大勝したブルガリア戦後、自ら2ゴールを奪い勝利したことよりも2失点を悔いていた吉田は、再び2ゴールを奪われた試合後に、胸の内をこう話した。
 
「1失点目は映像を見ていないからなんとも言えないけど、1失点目も2失点目も点を入れた後と交代選手が入ってきた後と、一瞬の隙を突かれてしまった。締めるべきところだったと思う。この間(ブルガリア戦)も得点をした後に失点をして、その部分は言われていたのに、同じことを繰り返してしまった」
 
 さらに長身FWへの対応策を徹底し切れなかった点も悔いる。
 
「今に始まったことではないが、ああいう選手に対して苦戦を強いられることが多い。ピッチ上でも話し合ったが、どう対応していくかをもっと突き詰めないといけない。アジアの戦いでもオーストラリアがそうだし、帰化選手がいる国もあると思うので、こういった苦しい状況は起こり得る。ワールドカップに出てヨーロッパのチームと戦う時でも課題になるわけだし」
 
 そして改善策としては次のように説明する。
 
「僕ですらチーム(サウサンプトン)では、セットプレーを守る際、相手の3番目に空中戦に強い選手をマークする。(酒井)高徳とかは普段は中に入ってマークすることが少ないと思う。でも、そういうなかでもなんとか張り合わないといけない。ボールが来る前の戦いが大切になる。ファウルを与えないとか、ロングボールを蹴らせないとか、今日はそれができなかった。今日の試合では学ばなければいけないことが多くある。最終予選が(9月から)始まりますし、教訓にしなければならない」
 
 日本の守備リーダーが絞り出すように言った「教訓にしなければいけない」という言葉。フィジカルで劣る日本人選手が、世界と戦うためにはどのような方法を選択するべきなのか。その答を今後の戦いで見つけていかなくてはいけない。
 
 

最終更新:6/8(水) 0:20

SOCCER DIGEST Web